2017年12月12日火曜日

個別株からインデックス投資の流れ 錬金術の終焉





慄然たる思いに震えている。

その事実に気づいたとき、提督の魂は体を抜け、荒野を彷徨い始めた。


5年後、いや10年後の世界から見た場合、現在、個別株を保有している投資家は、残念な人たちとして、評価されるのではないか。

時代は過渡期にある。

人々は個別株投資の危険に気付き、続々とインデックス投資に移行している。


かつて、錬金術は科学によって駆逐された。

それと同じことが投資界にも起きている。

現在の個人投資家による個別株投資は、錬金術のように、無知ゆえの因習として行われているのではないか。




世の中にはたくさんの株ブログが存在する。


いろいろ読んでみると、頭のよさそうな人は、ほとんどインデックスを中心としたポートフォリオを保有していることが分かる。

リスクとリターンをきちんと計算し、検証を繰り替えして最適なアセットロケーションを構築しているのだ。


それに引き換え、提督はどうだ。

波打ち際で貝殻を拾う子供のように、適当に個別銘柄を集めて喜んでいる。

提督の行っている投資は、投資の真似事、児戯に過ぎない。


金融工学という大量破壊兵器で武装したインデックス投資家に比べ、個別株投資家はネアンデルタール人のようなものだ。

獲物なんだ。


彼らの利益の源泉、頭のいい人たちの養分…。

生暖かい視線を感じる…、アホでありがとう、そう言われているようだ。


リスクを分散するために、25銘柄を保有したとしても、全然足りてない。

インデックス投資家から見れば、超集中投資をしているギャンブラーだ。


バフェット(ウォーレン)並みの企業分析力がある訳もない。

そのような提督が、バフェットが止めておけといっているにもかかわらず、欲をかいて、自らの能力も顧みずに個別株を保有している…。




その事実に気づいたとき、提督の体は恐怖に包まれた。


嬉しそうにたくさんの株を持っているが、ハトのような眼をして、札束をもって証券市場に乗り込んできたこの提督こそが、カモなんだ。


米国株式市場は、長期で見れば右肩上がりである。


だが、投資家のほとんどが損しているのは、アメリカも日本も同じだ。

右肩上がりの市場で誰が損をしているかといえば、それは個別株投資家たちにほかならない。


投資は、特別に頭のいい人たちがプレイするゲームだ。


大衆投資家は金を巻き上げられ、ごく一部の賢い人間におカネが集中していく。

個別株投資をしていいのはプロ中のプロだけであって、それ以外の人間はインデックスETFを買っておくしかない。


そういう場所にアホの提督が個別株投資で乗り込んでも、身ぐるみ剥がされるだけという事実に気づいてしまった。




12月、街がクリスマスに向けて賑わう中、個別株を保有する恐怖を抱え、ポケットに手を突っ込んだまま、気違いのような眼をして歩く。

みんな株も持たずに楽しそうだ。


もしかしたら、あの楽しそうな人たちは、インデックス投資家なのかもしれない。

冬の風が身に染みる…。


楽園はどこにあるんだ?


時代遅れな投資家は、個別株を保有する ツイッターはやらない
投資に関する不合理なこだわり
インデックスファンドに投資するしかない VTI太郎を目指して
投資法の流行と、それを追う人々の群れ


『敗者のゲーム』 チャールズ・エリス 著





0 件のコメント:

コメントを投稿