2017年12月10日日曜日

GE提督のポートフォリオ





近年、多くの人が米国株を始めとする外国株に投資しており、無数のブログが存在している。


そこにある大きな流れとして、個別株に投資するのはアホであり、危険だとするものがある。

かのウォーレン・バフェットも、君らには無理だからやめておけといっている。

賢そうなブロガーは、概ねETFを中心とした投資をしており、多くの投資家にとっても、それがスタンダードになりつつある。




だが、提督は個別株のみを保有している。


それは提督の脳の限界がなさしめることであり、ある意味仕方ない。

深くETFの優位性を理解した賢い人たちを見て、なんとなくそれがよさそうだと思って表面的に真似してみても、多分うまくいかないだろう。


雲をつかむような感じがして、どこかで(恐らく下落相場において)、嫌気がさして持ち切れなくなるということになりそうだ。




個別株を保有しているということ、それを人目に晒すということは、自らの無能を披歴するのと同義である。


だが、このブログは個人投資家の航海日誌なので、無知の記録として書いておこう。




提督の保有銘柄は、以下のとおりである。


ロイヤルダッチシェル-B
BP
ボーダフォン
HSBCホールディングス
グラクソスミスクライン
リオティント
ブリティッシュアメリカンタバコ

エクソンモービル
ゼネラルエレクトリック
ボーイング
ロッキードマーチン
ゼネラルモーターズ
IBM
コカ・コーラ
プロクター&ギャンブル
ウォルマート
ターゲット
アルトリアグループ
フィリップモリスインターナショナル
マクドナルド
ファイザー
ジョンソン&ジョンソン
ベライゾンコミュニケーションズ

BHPビリトン
ウエストパックバンキング




ポートフォリオの半分が英国株、30%がエネルギーセクターで構成されている。


現在のところ、かなりの不均等分散で、トラッキングポジション(試し)程度の資金しか入っていない銘柄も多い。

上がったものは放置、下がれば買い増していく方針である。


追加資金投入にも限界があるので、時間をかけて均等分散に近い形にするつもりだ。


GE提督の個別株まとめ
GE提督の百貨店
GE提督のおすすめ記事

GE提督航空 お帰りの方はこちらへどうぞ