2017年12月19日火曜日

GE提督が泣き叫ぶこの好機を利用せよ





2017年3月、どうしてもジェットエンジンメーカーの株主になりたくて、提督は30ドルでGE株を購入した。


その後の経緯は、みなさんご存知の通りだ。

決算で暴落、減配で暴落、GEの株価は提督が買ってから一直線に下がり続けている。


現在の株価は17.76ドル。

提督の抱える含み損は、マイナス40%にも及ぶ。




米国株ブログ村界のミスターマーケット、GE提督が泣き叫ぶ様を見て、これをチャンスと考え、GE株を取得した投資家たちがいる。


太陽神ジョージ・ソロス、彼もその一人だ。

その他にも、コメントをくれたシュトリー氏や、何人かの米国株ブロガーたちも、提督を逆指標とみて、買い出動している。


総悲観一色になり、ホルダーの絶叫が響き渡る、そんな時に株を買うのは、非常に合理的な行動だ。


株の儲けは恐怖の代償…。


誰も手出しできないときに、あえて買う者だけが爆益を手にすることができる。




現在のGEのPERは20.74倍、配当利回りは2.70%だ。


これだけ見れば、特に割安ということはできないが、GEは先日、50%にも及ぶ減配を行っている。

現在の配当利回りは非常事態であり、いわばペナルティを受けている状態だ。


GEはその威信にかけて、可及的速やかに配当を復活させるだろう。


それには数年かかるかもしれないが、GEというアメリカを代表する超優良株を、実質的に配当利回り5%で買える、またとない機会に遭遇しているのだ。

長期的に保有するのであれば、数年間の配当半減など一瞬のことだろう。


2017年、GE大暴落。

提督が泣き叫んでいるこのチャンスを、存分に利用していただきたい。


頼んだよ。


0 件のコメント:

コメントを投稿