2017年12月22日金曜日

ブログを書くことによるQOLの劇的な低下





米国ブログ村ランキング1位。


聖夜を前に、この地に到達できたことはよかった。


クリスマス、提督は神とひとり向き合う。

よって、更新ができるかどうかは分からない。




ランキング1位、かつてGE太郎が広告を貼らずに突入し、散華した場所。


そして今、提督も同じように、丸腰でここにいる。

広告で重武装したブロガーから攻撃を受ければ、一撃で沈められる状況だ。


アドセンスの収益化ボタンが現れるのを待っていたが、結局、現れなかった。

通常なら2週間、ときに1ヵ月。

コメントをくれたスノーボール氏は、承認まで3か月を要したという。




『GEとともに生きる』という古文書が残されている。


それによれば、GE太郎が轟沈した最大の要因は、広告を貼っていなかったことだ。

ゆえに、広告を貼るまでは、なるべく目立たないように、地味に記事数を増やすことを心掛けてきたが、気が付けばこんなところにいる。


完全な失策だ。




米国株ブログ村ランキング上位は、血の海だ。


10位以内に入れば、他のブロガーも言うように、QOLが劇的に低下する。

記事を書く時間はほんの20分ぐらいだが、疲れるし、歩きながらも何となく頭の中で文章の構成をしており、気が休まらない。


広告を貼っていなければなおさらで、ヒマラヤ登山で例えるなら、酸素ボンベをつけずに標高8000m以上のデスゾーンに長期滞在するに等しい。

確実な死が待っている。


更新を続けている上位ランカーのモチベーションは、広告収入だ。


それがない提督のライフポイントは、日々、確実に減少していく。

ゼロになる前に収益化ボタンが現れるかどうかは、google次第だ。




さて、証券口座に、ロイヤルダッチシェルとBPという巨人たちから、配当が振り込まれたようだ。


この配当再投資が、今年最後の取引となる。

いまのところ、フィリップモリスインターナショナル(PM)を買い増す予定だ。


それではみなさん、よいクリスマスを。


0 件のコメント:

コメントを投稿