2018年1月25日木曜日

GEの明日の株価が分かる 未来を予測する男





3か月に一度、決算という名のお仕置きタイムがやってくる。


その時間が来ることを恐れ、おののき、おなかがギュッとなるのだが、いざ発表となると、内容が悪くても妙に株価が上がったりもするが、これは騙しである。


ひっ、ひいいいいいいいいいいいいいいいいいい!

ミロが、ミロが溶けるううううううううう!

ああああ、クソがあああああああああああああああああ!

もう無理、無理だから。





そう、ミロは溶ける。

冷たい牛乳にも溶けるように、ネスレがちゃんと作っている。


そんなことよりもゼネラルエレクトリック(GE)だ。

昨晩のクソ決算発表後、プレマーケットでは謎の上昇を見せ、オープン後も株価は前日比プラスで推移していたが、朝起きたらこれだ。

2.66%の下落。

しかもSECの調査まで入っているらしい。




分かっている、すべて読み切っていたよ、この私は。

なんせ、GEホルダーになって10か月、そのえげつなさを体験し続けてきた。


確か毛沢東の言葉だったと思うが、以下のようなものがある。

「GEの味が知りたいのなら、自分の手でもぎ取って食べてみなければならない。本物の知識というものはすべて、直接体験する中で生ずる。」


私は実際にGEを保有し、その味わいを身体に叩き込んできた。

だから分かるんだ。


そして、GEの下落はこんなもんじゃ済まないだろうということも。




次なるビッグイベントは、ダウ平均株価からの除外だ。


その噂が現実になったとき、GEはクソのように叩き売られるだろう。

それは起こる。


見える、株価が10ドルを割る未来の姿が私には見える。

もしかしたら、未来から来た男(自称)ジョン・タイターが私の枕元に立ち、すべてを教えているのかもしれない。

むしろ知らないほうが幸福だった!




恐怖が私を抱きしめる。


おなかがギュッとなる。

毎日のジェットエンジンのような下落で、脳が破壊されそうだ。


誰か助けてくれ。


2036年のタイムトラベラー タイムマシンはGE製
GEが減配を発表

GE提督のおすすめ記事


1 件のコメント:

  1. ならやっぱり、塩漬けしすぎてカッピカピに粉吹き出してるようなGEストックを起こし、この先絶対来ると確信している地獄の黙示録的坂道を回して、雪だるまのように大きくしていくしかないでしょう。

    16ドルで売って14.5ドルで買い直せば、それだけで持ち株数1割増しです。
    10ドルで買い直せばあら不思議、株価は37.5%しか減っていないのに、一気に保有株数60%もアップです。

    手持ちの半分でも、あるいは1割でも売らずに残しておけば永久保有には変わらないですし(そもそもそんな所こだわる点でもないかもしれませんが)、突然の反発上げリスクへのヘッジもばっちりです。

    寝る前に半分売って、次の日下がってたらやったぜと買い直す、上がってたら手持ち株が上がってやったぜと1日いい気分、これでしょう。

    手数料負けしない株数保有されているのであれば、この下落トレンドを使っての回転売買……GE永久保有にこだわるのであれば、それがベストかと思います。


    あるいは特攻のXEMでナンピン資金ゲットだぜもいいかもしれませんね。XEMも不調ですが、さすがに上がり目の方が大きいのではないかと思いますが…。


    いずれにせよこうなってしまったら、ある程度のリスクを冒して、自分から動いて勝負するのが、唯一の現状打破への道でしょう。

    さらに負けるかもしれないけれど、クソがさらに腐るかミソに変えられるかの勝負、やる意味はある気もします。

    (もちろん、ブログ的にはひたすら阿鼻叫喚し続けるのが一番盛り上がるのは、そうかもしれません。本当は、このアクセス数を活かしての広告収入つぎ込み太郎がベストオブベストなんですけどね…)

    返信削除