2018年1月9日火曜日

コピーブログの衝撃





こう見えても私はブログ歴2か月の超初心者であり、右も左も分からず滅茶苦茶なブログ運営を行ってきた。


ほとんどすべての行為が失敗だったといっていいだろう。

ブログを消去したり、すぐに再開したりして、見ている人からすれば意味不明だろうし、自分でもそうだ。




一番驚いたのは、『GEとともに生きる』というブログを消去した後に、SUZUKI YUYAという人が、それを丸ごとコピーしていてアップしたことだ。


何故そんなことをするんだろうと訝しんでいたが、結局、自分のサイトに誘導するためだったんだな。

こういうのをコンテンツ泥棒というらしい。


完全削除の要請を拒否した時点で確定だろう。




現在は、ちゃっかり広告まで貼っているようだ。


いやはや、腐ってるね。


確かに、他人が書いたものを、そのままパクれば楽だ。

毎日、自分でブログを書き、しかもブログ村ランキング上位まで行くとなると結構しんどい。




SUZUKI YUYAによれば、『GEとともに生きる』のコピーブログを、沢山の読者が喜んでいるらしい。


もし、私が手元にある原稿を使って、復元ブログを作った場合、先にコピーをアップしているYUYAから私に対し、権利侵害の訴えがなされるんだろう。


YUYAも、『GEとともに生きる』の著作権は、GE太郎に帰属していることは認めている。


私がGE太郎なのだが、確たる証拠がないから、本人と認めないらしい。

この点、YUYA側も、GE太郎が成り済ましの偽物であるという証明はできない。




証明責任がどちらにあるかという問題だが、本来ならコピーをしている側にある。


一般的な国語力がある人であれば、この私がGE太郎本人である可能性が極めて高いと考えるだろう。

それにしても、究極的には証明不能だ。


「証明不能であればコンテンツ泥棒を継続してもいい」、ここにYUYAの、論理の飛躍がある。

そもそも、泥棒に対して本人証明する必要などない。


まあ、他人からパクったブログをつかんで離そうとしない泥棒に、何を言っても無駄なんだろう。




ブログ歴2週間(当時)のGE太郎が書いた『GEとともに生きる』を、ブログ歴10年のYUYAが後生大事に握りしめている。


彼が生涯、それを超える作品を自分自身で生み出すことなく、死ぬその瞬間まで自分のもののように抱え込んでいくのかと思うと何だか哀れだ。

専業FXトレーダーへの道は、かくも険しく、そこまでして生活費に補填しなければならないものなのか。


5 件のコメント:

  1. はてな運営に削除依頼を送ったのですが、やはりきちんとした情報が必要のようで、相当面倒くさい感がありますね…。

    外野からはあまりお力添えできないかもしれません。

    本人からでも正直面倒くさすぎるし、結局確たる証拠がないと手を出せずじまいな気もしますが、やってみる価値はあるかもしれないですね。

    どうか正当な判断が下されることを願ってやみません。


    #####運営からの返信メッセージ#####
    はてなに掲載されている情報にご自身に対する権利侵害となる内容が
    含まれ削除を希望される場合には、プロバイダ責任制限法に基づき
    「はてな情報削除の流れ」に沿い、削除の申立を行っていただいております。

    お手数をおかけいたしますが、下記フォームに必要な事項を記載し、
    申立てを行ってください。

    内容の確認後、発信者に対し意見照会を行い、正当な反論がない場合には
    1週間の猶予を持ち情報を非公開とします。

    ----------------------------------

    ■住所
    ■氏名
    ■連絡先
    ■侵害情報についての各情報
    ・ 掲載されているURL
    ・ 掲載されている情報
    ・ 侵害されたとする権利
    ・ 権利が侵害されたとする理由(詳細)

    ■送信防止措置を希望する意思表示
    (特に送信防止措置を保留したい事情がない限りは「希望します」としてください)

    ■発信者への氏名開示の可否
    ■発信者への申立内容の公開の可否
    (原則として、言及されている当事者からの削除申し立てがあった事実は発信者に対し
     公開する必要があります。特に、記事内に実名が含まれている場合は、実名を伏せて
     対応を行うことはできません)

    -------------------------

    弊社サービスにおいて掲載情報に対して削除依頼を受けた場合の
    対応方針および判断の基準につきましては、下記のガイドラインで
    ご参照いただけます。

    ■はてな情報削除の流れ
    http://url.hatena.ne.jp/IF86j
    ■はてな情報削除ガイドライン
    http://url.hatena.ne.jp/Ndvq1

    どうぞよろしくお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。

      こちらに原本が残ってない以上、いろいろと難しいですね。

      相手側もそれを分かっているので、強硬な姿勢を崩さないのでしょう。

      本質的にはモラルの問題なのですが、彼にそれを問うても無駄なようです。

      こちら側としては、彼の行為を記述し、たくさんの人に知ってもらうことしか出来ないのかもしれません。

      削除
    2. 捨てアドレスで登録とかされていて、これすら厳しいパターンもあるかもしれませんが、航海日誌であればまだ間に合うかもしれません。

      #####
      (https://support.google.com/accounts/answer/6236295?hl=ja より)

      Google アカウントを復元する

      Google アカウントを削除した後、約 2~3 週間以内であれば復元できます。アカウントを復元できた場合は、Gmail、Google Play などの Google サービスに通常どおりログインできるようになります。

      #####
      あぁ、でも、航海日誌で記事アップしても無駄なのか…。
      GEとともに生きるのアカ復元は…2-3週間が限度ならば、ちょっとタイムリミット超えちゃった感もありますね。

      しかし、やってみる価値はあるかもしれません。復元できたらこれ以上ない確たる証拠ですし、上手くいくこと願っております。

      削除
    3. 情報ありがとうございます。

      旧Googleアカウントの復元は可能なのですが、「航海日誌」は完全に削除されており、復元できない状況です。

      仮に「航海日誌」が復元できたとしても、今度はGE太郎とGE提督の同一性を完全に証明できないと言ってくるでしょう。

      GE太郎としては、「GEとともに生きる」はフリー素材、コピーも引用もパクリもすべてOKと言いたいところですが、そうするとYUYAが権利者として振る舞い始めそうなので、悩ましいですね。

      コピーブログが100個でもできれば面白いのですが、そうなった場合、最初にコピーしたYUYAが、GE太郎でもないのに権利主張しそうです。

      まあ、あのブログがウケたのは、時事的なタイミングの要素が大きいので、いずれ風化するでしょう。

      削除
  2. あ、Googleアカウントの復元とBloggerドメイン自体の復元との間にも隔たりがある、って感じなんですかね?

    Bloggerドメインさえ生きていれば、旧記事は復元できなくても、新記事アップで削除を要請すればそれでOKと思ったんですが、ドメイン削除とともに本人のGoogleアカウントであっても既に未来永劫使えないドメイン化していたら無理ですし、そもそも「GEとともに生きる」の方のドメインじゃないと認めてくれないのもまさにその通りでしょうね。

    確かに、100個といわず、GE太郎さん本人が改めて当時の日付でコピーブログを作り直して、その上で権利主張すれば面白いことになりそうですが、まぁそれも若干徒労感があるかもしれません。

    素晴らしいブログでしたが、永続的に検索されるものでもないのも確かにそうかもしれないので、もう放っておくのが最善かもしれませんね。


    こちらの新ブログでも、とりとめのない雑記・GE他投資続報・ミロ報告でも何でも問題ないと思うので、のんびりペースで更新いただけたらたくさんいるファンは凄く喜ぶと思います。

    返信不要です、何度も失礼いたしました。Kさんも一緒に応援していきましょう!ではでは。

    返信削除