2018年1月28日日曜日

GE下落の衝撃に備える





ゼネラルエレクトリック(GE)の更なる下落が予想される。


その暴落の衝撃に耐えるため、今日は、ジムでワークアウトをしてきた。

株価の下落といっても、ただ単に電子的な数字が減少するに過ぎないのだが、実際には、脳天に物理的なダメージを受けるような衝撃がある。




すでに一年近く、無限電気アンマをされ続けている状態であり、無防備のまま更なるバイブレーションに身を委ねることは、極めて危険だ。


相場のなすがままにされれば、身体的なむち打ち状態や、頭痛、肩こりに悩まされ、日常生活にも支障をきたすことになる。

なので、ダンベルシュラッグや、ネックフレクションで、僧帽筋や首の筋肉を鍛え、GEの下落に備えている。




疲れた筋肉に流し込むミロは至高。


ミロは世界最高の麦芽飲料だ。

栄養たっぷりで、筋肉や精神の疲労を速やかに癒すサプリメントである。




さて、コメント欄でも、そろそろGEを買いたいという人が出てきた。


1000万円をドルコスト平均法で買いたいということだが、まとまった資金があるなら、一括でお買いになれば良い。

ドルコスト平均法は気休めにすぎない。


ただ、GEに集中投資するつもりで時間分散をするのであれば、ある程度の意味はある。

資金を集中するほどお買い得だとは思わないが…。




こういう株を買いたいという欲動が動いている時点で、賢明なる投資家とは程遠い行動をとろうとしているということは、自覚しておいたほうがいい。


また、みんなが投げたら買いたいというのはその通りだが、事前にそのタイミングを知ることはできない。

通常は何年もかけて、じわじわと投げさせるものだ。




GEの株価低迷がいつまで続くのかは、誰にも分からない。


米国株が超長期では右肩上がりで推移してきたとはいえ、過去に20年程度の相場の低迷は起きているし、それはこれからも起こる。




現在、私も、GEを買い増しするかどうかについて検討中だ。


相場全体の過熱感、GEを取り巻く悪材料のワイドモート、更なる悪材料が噴出する可能性など、考慮すべき事柄は、実に多い。

株価に関しても、現在の値が安いのかどうかは、慎重な見極めが必要だろう。


長くなりそうなので、また次回。


チワワ狩り ミロは世界最高の飲み物

GEナンピン計画
ネスレに投資したい
悪材料のワイドモート GEの含み損が増えてゆく恐怖感