2018年1月7日日曜日

ブログをコピーされました





SUZUKI YUYAが、一度は削除した『GEとともに生きる』(コピー版:本人削除要請済み)の記事を着々と復活させているようだ。


恐ろしい話だな。




YUYAがあの記事を書いたのではないことは、みんな知っている。


何故YUYAが、他人の著作物を私物化できるのか教えてくれないか?

そういう行為を、コンテンツ泥棒という。


それだけでなく、このXEM坊やを、GE太郎本人ではなく愉快犯だと決めつけ、削除要請を認めないと述べている。




そう、こういう事態を恐れていたのだ。


だからこそ、やり取りをKさんのブログや、天下のブログ村で行い、可視化しておいた。

復元ブログのコメント欄は承認制で、都合の悪いコメントは飲みこまれてしまう可能性がある。




XEM坊やがGE太郎やGE提督と同一人物なのか?


答えは、ブログを見ている沢山の人が知っているはずだ。


本人性に関して、陪審裁判にかけているということだ。

それ自体が証明になると思い、みんなの目に晒している。


そのためにある程度の記事を貯め、そのうえで公開の場で改めてブログの削除を要請した。




最初に削除要請をした時、徹底拒否するつもりはないが、考え直してくれないかといわれた。


かなりひっかったな。

どこから拒否の可能性が出てくるのかと驚いた。




その後、記事が削除された時も、『GEとともに生きる』のタイトルを残したままだった。


YUYAの復元ブログを見た人は、自分のブログに読者を流すために、『GEとともに生きる』を使っていることに気が付いている。

何故他人が書いたものを自分のもののように抱え込んで、そこに自分のブログへのリンクを貼り、Twitterで拡散するのか?


喜んでくれる読者のために復活させるといっているが、無茶苦茶だな。

書いた本人が消せと言っている。

何故拒否できる?




ちなみに、ソニックトレード団の過去記事は、完全に削除されていて、ネット検索をしても出てこない。


つまり、当時見ていた人間しか知りえない事実がたくさんある。

それらの事実を述べその真実性をK氏が裏書したとしても、坊やが著作者であるという証明にはならないというのか?




ブログアクセスが欲しいなら、自分のオリジナルの記事を書いたほうがいいだろう。


とにかく、改めてこの場で要請する。

『GEとともに生きる』を速やかに、かつ完全に削除していただきたい。


GEとともに生きる まとめ


0 件のコメント:

コメントを投稿