2018年2月6日火曜日

天与の買い場がやってきた⁉ ダボハゼ投資家が目覚めるとき





まあ、ダウや日経が下げたといっても知れている。

いまのところは…。


ここからさらに下落トレンドに移行するのか、それとも速やかに上昇トレンドに回復するのかは分からない。

ただ、短期的な下げに対して、すぐにポジションを積み増すことに関しては、私は慎重な態度をとっている。

というか、買い増したいほどに安くはなっていない。





今回のような少しの下げに急いで買いに入らなければならないというのならば、そもそもが買い遅れているのであり、高値を掴みに行くダボハゼと大差ない。

値が動けば飛びつきたくなるのは、猫も人間も同じ。


仮想通貨投資を笑う人もいるが、早く投資してきた人は概ね儲けており、損をしているのは最後になって急いでババを掴みに来た人たちだ。


株式投資だって同じで、早くから入っている人もいれば、相場が激アツになってから札束を握りしめて証券市場に参入してきた人たちもいる。


長期チャートで見れば今回の下落も、高値圏のわずかな値動きであり、それがすなわち、お買い得なほど安くなったというわけでもない。

バリュエーションから見ても、下落前とそれほど変わらない。


おおまかに見れば、これまでと大差ない状況だ。


相場に悲壮感などなく、むしろ、みんなの買い意欲が非常に強い。

「待ってたぜェ、この瞬間(とき)をよォ」とばかりに、一斉に札束を証券市場にぶち込もうとしている雰囲気が凄い。




比較的大きな値幅が、なんとなくお買い得感を漂わせているが、どうなんだろう…。

買いたい欲をそそられるのは分かるが、そもそもどういう基準で買おうと考えていたかによるだろう。


まだ、たいしたことが起きたわけではない。

ゼネラルエレクトリック(GE)の長引く下落で、私の感覚が麻痺しているだけかもしれないが…。

というか、すでに脳が破壊されているからね。


これまで投資してきた人なら、何もすることがない水準じゃないか。


GEナンピン計画
仮想通貨が溶ける XEMが暴落


4 件のコメント:

  1. 仮想通貨民も、日本株民も、米国株民、GE民もも「不運(ハードラック)と踊っちまったんだよ(ダンスっちまったんだよ)」
    と思わないとやってられませんねぇ。

    返信削除
    返信
    1. そんなかでもGEとXEMが別格で、潰れたトマトみてーになっちまったゾ…?

      削除
  2. "GE"と"XEM"を"ナメ"るんじゃねーゾ・・・"拓"ゥ・・・


    !?

    返信削除
  3. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除