2018年2月17日土曜日

グッドラックという決め台詞





アドセンスという伝説の島…。


思えばそれは、蜃気楼なのかもしれない。


先日、黄金の島を見失い、血の海を彷徨って泣き叫び、ブログを更新する気力を喪失していたROKOHOUSEが、奇跡的に生還した。

相変わらずミロを飲むと太るなどと言っているが、もっと筋肉をいじめ抜けと言っておきたい。


そのミロ友が、ネタ切れで限界を超え、完全に屍と化した私を無理やり立たせ、口にミロを注ぎ込み、ブログを書かせようとしている。


飲まされたのがグラスフェッドバターコーヒーじゃなくてよかった。

コーヒーを飲まされたら、カフェイン断ちしている私の目がギンギンになり、気違いのように激しく暴れ出してしまうだろう。


ふらつく足で机に座り、GEの下落で破壊された脳で文章を綴ることにする。




昨日、AT&T(T)を買ったと書いたら、爆益銘柄なんてブログアクセスを稼ぐためのネタに過ぎず、本当はそこそこの利益で満足なんだろ?というコメントが来た。


確たる証拠を出せと言いかねない雰囲気だったので削除したが、アホこけと言いたい。

投資をやって爆益を目指さない人間がどこにいる?


爆益を得て、労働から解放され、イヴァンカ・トランプ級のギャルを抱きまくるという投資目的に異論を唱える人間などいないはずだ。


だが、爆益銘柄というのはそう簡単に転がっているものではない。

ネットで少し検索すれば出てくると勘違いしてるようだし、それっぽいものはたくさんあるが、ほとんどは地雷だ。


だからこそ、多くの候補を求め、慎重に検討する必要がある。




さて、「グッドラック」という言葉を聞くと、ザラついた感情を覚えるのは私だけだろうか。


いまでこそ多くの米国株ブロガーが使っているフレーズだが、もともとは、ある投資家T氏(バフェット太郎ではない、決して)が発祥だろう。



かつて、ソニックトレード団という、Kさんが主宰する投資ブログがあった。


アベノミクス初動の株価暴騰、電撃的なトレードで資金を倍増させたKさんが、最終爆益銘柄として選定したのがJトラスト(8508)だった。

アベノミクス相場、本命中の本命と呼ばれた銘柄である。


綿密な調査と準備期間を経て、いよいよKさんが億り人への大航海に乗り出したとき、我々団員一同も総毛立ったものだ。


爆益の向こう側を目指す数多くの投資家が殺到し、その熱気はすさまじいものがあった。




そんな折、ヤフー掲示板に現れたのがT氏だ。


明らかにプロで、圧倒的な説得力を持って売り煽り、ホルダーは感情的な反論をするのが精いっぱいだった。

T氏は、私が今までに見た中で、人物、見識、実力ともに最高の投資家である。


その彼がいつも投稿の最後に書いていた言葉、それが「グッドラック」だ。

まさに、死の宣告だった。


T氏が予告する時間に、何度も、何億円もの売りを浴びせられ、8508の株価は完全に崩壊し、現在に至るまで回復していない。

ホルダーの多くが精神を病み、沈黙した。


ソニックトレード団は、その歴史上最大の敗北を喫し、ブログは消滅、Kさんは行方不明になった。

そういう例を、たくさん見てきている。


(ともかく、Kさんは復活したし、また爆損をぶっこいているが、余裕資金がたっぷりあるんだろうから元気を出してもらいたい。)




このように、爆益銘柄は爆損と隣り合わせで、それだけ慎重に判断しなければならない。

恐らく一生に何度も出てくるようなものでもない。


確かに、AT&Tはベストではなくベターである。

だが、ベスト、すなわちイデア的な爆益銘柄を求め続けることは必要で、それを放棄すれば、私が投資をやる意味がないだろう。


米国株ブログ村ランキング1位からの光景

ソニックトレード団の記憶の語り部
ゼネラルエレクトリック、発進せよ!
アドセンスという伝説の島


1 件のコメント:

  1. イヴァンカさん、綺麗ですよね、僕も好きです。
    僕も日頃から筋トレして胃袋にプロテインを流し込んでいます。共通点が多すぎる。。。
    僕は東電株も集めてるんですが今回の下落のあおりを受けてこっちも含み損が多いです。

    返信削除