2018年4月1日日曜日

ありがとう、電撃投資少年団





いよいよ明日、追加投資、出撃の時が迫っている。


今日が、最後の穏やかな休日になるかもしれないと思いつつ、更なる爆損の可能性に備えてジムでワークアウトをし、ミロで栄養補給をした。


行き交う人々の顔を見ても実に穏やかで、柔らかな春の風が吹き渡るなか、街は新たな生活の活気に満ちている。

散りゆく桜の花びらに頬をなぶられていると、日増しにクソ化してゆくポートフォリオの含み損で悶絶していることを、束の間、忘れてしまう。


だが、明日になればNYSEという地獄の釜の蓋が開き、私はそこに、自分のカネを叩き込むことになるだろう。




元ソニックトレード団のKさんが、投資からの引退に続いて、電撃投資少年団の解散を発表した。

苦しいが、私はこれを、前向きなことと受け止めている。


つまり、Kさんは遂に因果の連鎖や株価の変動から解脱し、我々の手に届かない、一段高い境地に行ってしまったということだ。

長年に渡る激闘の末、Kさんがその手に掴んだのは、カネではなく、幸福だった。


人生において、大切なことは何なのか?


それは、資産の額ではなく、ブログのアクセス数やランキングの順位、ましてやアフィリエイト収入でもない。

求めることをやめ、いまこの瞬間を生きること、ただ生きることである。


最後にそのことを、Kさんは教えてくれたのだ。




とはいえ、私はいまだ縁なき衆生、悟りの道ははるかに遠く、この修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道を彷徨い続けることになるだろう。

Kさんも、涅槃に至るまでには、15年の歳月がかかっている。


私などは、地獄の新兵、ぺいぺいだが、いつまでも坊やでいるわけにもいくまい。

電撃投資少年団の解散は、もはや単なるいち個人投資家ではなく、純粋な概念、あるいはホトケと化したKさんからのエールなのかもしれない。


つまり、これからは、お前ひとりで戦えという叱咤激励であると捉えるべきなのだろう。

爆損も爆益も自分ひとりで引き受ける、それが投資だ。


株式投資は究極の自由であり、究極の自己責任、誰かの真似ではなく、自分の頭で考えて実行しなければならない。

誰かに頼ることで、その自由を失うことになっては、本末転倒だろう。




今まで読んでくれたみなさん、コメントをくれたみなさん、どうもありがとう。


すべての米国株投資家の成功を祈っている。

それからもうひとつ、これから投資を始めるよいこのみんなは、このブログをしっかり読んで、GE坊やの屍を乗り越えていってほしい。


フォースと化したKさんとともにあらんことを!


2018年4月1日 

ゼネラルエレクトリック坊や


GEとともに生きる まとめ
GE提督の航海日誌 まとめ


3 件のコメント:

  1. エイプリルフールですが……

    返信削除
  2. IT 資本財 エネルギー 電力通信
    MSFT UNP PSX NEE
    もしくは
    金融 一般消費 エネルギー ヘルスケア生活必需品

    SQ AMZN PSX JNJ

    この分散投資は、効果あるのかと言われれば微妙だ

    返信削除
  3. 大阪ソニックトレード団万歳!

    返信削除