2018年4月14日土曜日

米国株を始める人にお勧めするポートフォリオ





先日からお伝えしているように、街の書店に『株式投資の未来』が平積みされ、バフェット太郎が投資本を出版する時代状況の中で、多くの人が米国株投資を始めている。


そして、遂にソニック財団のK氏がアメリカ市場への参戦を表明し、ブログ村のカテゴリーを仮想通貨から米国株へ変更した。

K氏は、ゼネラルエレクトリック(GE)とコカ・コーラ(KO)を保有するつもりだということだ。


僭越ながら、この点について意見を述べたい。




まず始めに、K氏の投資資金がどれぐらいなのかが重要になるが、この点については、いまだに明らかにされていない。


実際のところ、仮想通貨XEMで爆損をぶっこいているとはいえ、K氏には分厚い余裕資金としての金融資産が背後に控えていることが、これまで示唆されてきた。


であるから、いくらでも投資できるというのが、現実なのかもしれない。

その場合、いかなる投資法をとろうが、あまり関係がなく、ひたすらに資金を追加し続ければ、負けることはない。

正確に言えば、いくら損しようが、痛くも痒くもない。


仮に、SUVを買う予定だった300万円を投資に回すとする。


実際には3000万円でも3億円でも投資できるのではないかと思うが、最も少ない場合を想定して、以後の記述を進める。




結論として、私は米国株の個別株取引をお勧めしない。


個別株投資をする場合、Form 10-K(日本の有価証券報告書に相当)などを自分で読む必要がある。

だが、DUO3.0程度では太刀打ちできないし、簿記3級を取るといいつつ5年が経過しているK氏には、敷居が高いと考える。


更に、個別株投資をするなら、ある程度の分散投資が必須だが、投資資金を300万円と仮定した場合、十分な分散をすることができない。


そもそも、K氏に米国株のオプショントレードをお勧めしたのは私だが、それはアドバイザーとしてライス二郎氏がいるという特殊状況と、XEMの暴落で投資資金がかなり少なくなっているのではないかという状況を考えてのものだった。




現在、ブログ村米国株カテゴリーにおいては、ポートフォリオについての議論が活発に行われ、まさに百家争鳴の活況を呈している。


代表的なものを挙げれば、以下の通りになる。


(1)S&P500、米国市場全体に連動するインデックスファンド

(2)バフェット太郎10種

(3)FANGなどの成長株投資

(4)ROKOHOUSE式 可変レバレッジド・ポートフォリオ

(5)GE坊や ダウのスーパードッグ投資法

(6)まともなバリュー投資


以下、検討する。


(1)投資の成果が出るまで30年ほどかかる可能性があり、K氏が耐えることはできない。

(2)初期投資資金として、最低でも1000万円ほど必要になるし、その後も、かなりの額を入金し続けなければならない。

(3)K氏の要求を満たす可能性が高い。

(4)SPXL(S&P500ブル3倍ETF)のネイキッド・ホールドが、K氏の要求を満たす可能性がある。

(5)クソである。

GEは、まだまだ多くの悪材料やイベント(ダウ平均からの除外、更なる減配など)を控えており、下落が続く可能性が高い。

無限ナンピンが必須だが、成果が出るまでに10年以上かかる可能性もあるし、そのまま沈む可能性も極めて高く、まったくお勧めできない。

2銘柄だけを保有し、そのひとつがGEというポートフォリオは、論外である。

(6)詳細な財務分析が必要で、K氏にはお勧めできない。


以上から、K氏には、FANGへの成長株投資(特に、アマゾンが有望だと思われる)、もしくはSPXLへの投資がベターであると考える。


とはいえ、下手にポートフォリオを組むよりは、これまでのトレードの経験と、ライス氏のアドバイスの下、オプショントレードをするのが妥当であろうという結論は変わらない。


個別株からインデックス投資の流れ 錬金術の終焉
バフェットに告ぐ 極東で発見された投資の聖杯
バフェットさんの言うことを素直に聞く
米国株ブログの大量発生 投資リスクの高まり

警告する 何人も、GEに近付いてはならない


5 件のコメント:

  1. kさんの立ち位置がつみたて次郎先輩と同じ感じになってきた

    返信削除
  2. Kさんをレスペクトしてるからこそ、微に入り細に入り解説してくださったんでしょう。

    返信削除
  3. SPXL持ってるのでオススメしないでもらえますか
    縁起悪い

    返信削除
  4. 激安の殿堂 ドンキホーテマン2018年4月14日 16:13

    一般ピープルが、金持ちになる唯一の方法
    ごま塩、金次郎、PBR1.0倍

    ごま塩とは、何か?

    金がないときに、もやしに、振りかけて食べるもの
    モヤシを時価栽培し

    一年モヤシを食い続けると、食費はタダみたいなものになる

    金次郎とは、18歳の時に両親をなくし
    20歳で、大地主になり、お金持ちになった

    PBR1.0倍とは、割安な株式を買いまくる理論
    武田和平という、100億円貯めた人が
    PBR1.0倍以下の日本株を買いまくったのが、有名だ

    さて、オイラが、持っているのは
    PSECという、クソみたいに売られた株式
    GEとPSECは、5年チャートで見ると、ほぼ同じ38%くらいの下落率

    GEは、利回り2.9倍 PBR 1.75だが
    PSECは、利回り10% PBR 0.75

    PBR1.0 倍は、日常生活にも、応用出来る
    カップ麺
    コンビニ PBR2.0
    イオン PBR1.0
    激安スーパー PBR0.75

    多分、こんくらいは差が出てくるだろうと思う

    返信削除
  5. GE坊やさんよ。
    困っているんだろうね。行き詰っていると言うべきか?

    そんなに自分を追い詰めなくてもイイよ。
    肩の力を抜いてさ、自分の好きなように生きて、自分の好きなように書けばイイ。
    誰もあんたを責めたりはしないから…。

    それこそさ、Kさんを見習ってごらんよ。

    返信削除