2018年4月12日木曜日

Kさんへの遺書





まず初めに申し上げておかなければならないことがある。


それは、本ブログ『GEとともに生きる』は、巨大ブログなどではなく、張子の虎であるということ。


ブログ村米国株カテゴリーにおけるランキング順位はある程度の高位を維持しているが、検索流入が全く見込めない以上、アクセス数は非常に少ないのが現実である。


しかも、米国株式相場の下落とともに、そのアクセス数は激減している。


おそらく、これから本格的な下落相場に移行するのではないかと思料するが、それが実現した場合、さらに読者は減り、本ブログはいずれ廃墟と化すだろう。

これもまた必然で、本ブログは米国株式投資ブームの頂点に発生した、極めて特異な存在でしかない。


ゆえに、私からKさんブログへの空中給油、すなわち、アクセス垂れ流しは、必然的に限界がある。




だが恐れるに足りない。


Kさんが投資に特化することをやめた、その判断は、アフターショックにおけるソニック財団の生き残りにとって、最も重要なものとなるだろう。

独自のアクセスを稼ぎ出すことができるはずだ。


相場は、所詮、水もの。


天国と地獄を繰り返す。

その天国の終わりで、投資専門から総合エンターテイメントに転換したことからも分かるが、Kさんの野生の嗅覚は、いささかも衰えていない。


私が稀代の天才と見込んだ人物だ。

単なるいち個人投資家ではなく、哲学者と呼ぶべきなのかもしれない。


投資という狭い世界に閉じこもることをせず、人間の生き様を問い続けたソニックトレード団の気概…。


それこそが、新しい時代における再生の、最大の武器となるだろう。




何より、ライス二郎氏という鬼才をソニック財団に送り込んだこと、これは、私の最大の功績ではないかと自負している。


仮想通貨XEMの壊滅により、Kさんの投資資金は激減した。

とはいえ、Kさんが潤沢な待機資金を有していることも、これまた事実である。


ゆえに、いずれ機を見て、米国株のオプショントレードで捲土重来を図ることが、最良の選択と思われる。

米国株投資界隈を見渡してみても、オプションに関しては無双、最高の人材であるライス氏を参謀に持つ、その特権を存分に享受していただきたい。


人物の確かさは、確認済みのことと思う。




その際には、ブログ村米国株カテゴリーへのご登録をお勧めしたい。


Kさんならば、速やかに最高位に座ることができるだろう。

ブログ村投資カテゴリーで唯一アクティブなのは米国株であるということは間違いなく、頂点を取る意味があるのも、そこしかない。


低位に甘んじていては無意味だが、毎日更新すれば、必ず10位以内には入れるし、そこから上は、Kさんの才能をもってすれば容易に陥落させることができる。


アクセス数を増やして広告収入を稼ぐのではなく、トレードとは何か、爆益とは何かを、皆の目に焼き付けることができるはずだ。


その時には、かつて栄華を誇ったソニックトレード団のように、1日に1000ものコメントが寄せられる、驚異的な光景が展開されるだろう。

梁山泊と呼ばれた世界だ。


たくさんの億り人がコメントを寄せていた、あの日々を覚えているはずだ。

なぜなら、Kさんには、その資格があると皆が感じていたからだ。


是非とも、念願の億り人になり、楽園を実現してもらいたい。


ゼネラルエレクトリック坊や


是川銀蔵と誠備グループ、ソニックトレード団
伝説の投資ブログ、ソニックトレード団の記憶
私はなぜ、米国株投資ブログを書くのか
人生を変えるために、リスクをとる必要性


3 件のコメント:

  1. ライス二郎2018年4月12日 11:55

    どうも、鬼才だ。坊や提督、こんなクソザコナメクジに言及してくれてありがとう!

    とにかく、ブログも、コメも、あまりに長いもので煙たがられている不安というか心配があったからね、意図的に直接の対話は避けるようにしていたんだけれど、真の鬼才GE坊やにそこまで言ってもらえるとは、これ以上嬉しいことはないね。

    感無量、本当にその一言に尽きる。


    米国株オプションは、やってる人がマジで誰もいないから何かオンリーワンっぽくなってるけど(なってないかもしれないけど)、取引の腕前は圧倒的ゴミカスレベル、計算してないけど、多分今年に入ってGE株の下落なんて可愛い赤子レベルに思えるぐらいの損失を叩き出しているような気がするね(しょっぱい余剰資金程度でやってるんで、額はともかく、率としては)。

    でも、優秀な人がやれば、どう考えても米国株OP取引は最強の金融ツールであることは間違いないと思うから、少しでも間口が広がればと願って、クソみたいな取引ではあるけれど、なるべく楽しそうな感じで公開し続けているよ。

    アクセス数が僅少なんで検索ロボットの自動クロール的なもの以外誰も読んでないんじゃないか疑惑もあったけど、他ならぬ米国株ブログの雄・坊や提督にたまにでも読んでもらえていたなら嬉しい限りだね。


    坊や提督も、GEが大復活して爆益の彼方に辿り着いた暁には、ぜひチャレンジしてみてほしいな。
    少なくとも、潤沢な資金があれば、ただ高配当株を握り締め続けるだけなのと比較して、利益の率・スピード等、圧倒的にあらゆる点において、オプション売りの方が図抜けて優れているように思う。

    …というか両者は共存できるから、株を所有する喜びを味わいたい場合でも、高配当株を握り締めたままディープアウトのカバードコール売りで現金利益を毎週産み出す、これが、真の勝者が取る最強の手なのかもしれないね。
    (ただ、高配当株のような低ボラ株から安全なディープアウト売りで安定して利益を出すには、かなりの元手が必要)

    まぁ、実践したわけじゃないし、データ的にもカバードコール売りはそこまで圧勝にはならないというのを見たような記憶もあるから、机上の皮算用ほど上手くは行かないのかもしれないけど、超爆益の夢がある(OP買い)・高配当以上の高利益定期収入(OP売り)という2大セールスポイント以外にも、現物口座でヘッジポジションを取れるというかなり重要な点なんかもあるし、やっぱりOP取引は高い参入ハードルを越えてでも手を出してみる価値のある、素晴らしいものに思うね。


    …と、誰にも頼まれていないOP取引の紹介なんぞ始めて、このコメも案の定クッソ長くなってしまって恐縮だ。


    馴れ合いはこのブログに似つかわしくないからね、返信は全く心の底から不要だ。
    (返事されると恥ずかしいだけとも言う。恥ずかしがる奴の書く文量じゃないけど)


    こんなコメに相手するぐらいなら、K氏も喜ぶだろうからね、またちょくちょくK氏のブログの方にでも顔を出してくれると、きっとK氏のみならずみんな喜んで、ワイワイ盛り上がる往年のソニック団にどんどん近付いていけるんじゃないかな、って気がするからね、そっちをオススメしたい限りだな。


    現物株永久ホールドだと中々ネタもなくて大変かもしれないけど、多くの読者は、坊や提督の紡ぎ出す含蓄に富んだ言葉を読めるだけで嬉しいんじゃないかと思うから、マイペースに無理ない範囲で、それこそK氏にみならって投資以外の四方山話とかでも、またたまにでも更新してくれたら嬉しいぜ(いやブログ最終回というわけではないのかもしれないけど)。

    (でも正直実際、投資ブログでクッソどうでもいい全然関係ない雑談をアップするのも、若干気が引けるんだよね。そんなのをアップする必然性が感じられないというか。自分だけかもしんないけれどね。難しい所だけど、そこはやっぱり我らが師、K氏を参考にしたい所だな)


    例によって記事より長いクソコメ投下になってしまった!ま、今回限りということで許してちょんまげ。


    ソニック団・GE王国に、永遠の幸あれ!!

    返信削除
  2. バフェットオジサン2018年4月12日 16:36

    BBBYを、底値付近にて購入
    確か 2015年 75ドル
    今 20ドル
    GEが、2015年 32ドルだとしたら
    9ドルが、目安か?

    何故、9ドルを目指すか?
    赤字が、物凄いからだ

    GEを買おうか悩んでいたが
    過去の米国株式の法則から言って
    資本株と金融株は、赤字のある年は、物凄い下がるからだ
    そして、黒字決算により、徐々に株価は上昇してくる

    まあ、今は GEは、買うべき時では ないだろうと思う

    返信削除
  3. 本出さないんですか?
    匿名でもいけるそうなので是非書いてみてください

    返信削除