2018年5月8日火曜日

石油株で快感!ぬるぬるオイルプレイ





昨晩は、原油価格が一時、70ドルを突破していた。


私のポートフォリオの約40%は石油株であり、ロイヤルダッチシェル(RDS-B)、BP、エクソンモービル(XOM)の3銘柄を保有している。

2016年から2017年にかけて、特に原油価格が40ドルを割った時に、厚く買ったものだ。




だがどうだ?


原油価格が大きく戻したにもかかわらず、石油株の株価の追随は非常に鈍く、XOMに至っては10種の呪いなのか知らないが、含み損である。

ずっと水面下に沈んだままだ。


その間、株式市場で何があったかのかを思い起こせば、米国株式市場全体は史上最高値を更新し続け、FANGは爆上げを演じてきた。

一方、XOMのみならず、その他のディフェンシブ高配当株の成績は惨憺たるもので、何なんだ、こいつらは一体よ?




サウジアラムコのIPOは2019年になるようで、上場は自国限定という話も出ているが、詳細は知らない。


だが、このオイルプレイは、せいぜいサウジアラムコの上場までと考えていたので、こんなことでは完全な失敗だ。


RDS-BとBPはそれなりに頑張っていて、取得時配当利回り7%のカネを吐き出し続けているが、まじでXOMはどうしようもない。


原油が安いから石油株を買っておけばいいんだろ…。

そんな安易な考えでXOMを保有してきたが、当時のバリュエーションも別に魅力的なものではなかったし、いまなお中途半端である。


あの超強気相場で含み益のマージンを得られなかったということで、この先相場が下落すれば、こいつもクソと化すのは確実だ。




いつの日か、XOMホルダーも、証券市場に連綿と連なる爆損者の列に並ぶことになるのかも知れない。


歴史に鑑みれば、市場参加者が「投資なんか簡単だ」とか、「バカでもできる」と浮かれ始めると、マーケットによる徹底的なお仕置きが開始されてきた。


株式投資で最終的に儲けられる人は、2%だという。


20年後、GE坊やはどうなっているのか、どれだけの人が生き残っているのだろうかと考えると、震えが止まらない。


エクソンモービルという究極に退屈な株


7 件のコメント:

  1. BP や RDS.Bって、株主構成比を調べれば分かるんだけど、機関投資家や事業会社の構成比がほとんどで一般投資家の割合って僅かなんだ。だから比較的底堅いって言うか、極端に上げ下げしない面はあるよね。

    その点、XOMは一般投資家の比率がほぼ50%なんで、値動きが比較的激しい。原油価格の下げが大きな原因ではあるけど、ロシアのロスネフチとの契約とか、このところ不運な面も有ったよね。

    ロックフェラー財閥の旗艦企業だけあって、資金量も莫大だし、政治力も強い。簡単にはクソ化はしないと思うよ。

    むしろ長期に保有するのなら「お手本」のような銘柄だと思う。今なら株価もまだ安いしさ。弱気になる事は無いと思うよ。

    おいら昨晩は、シスコを利益確定。フェイスブックはちょっと届かなかったけど。でも助かった。これで秋口くらいまでは、喰っていけるよ。

    返信削除
  2. バフェット太郎丸指数10と、GEには、あまり近寄らないほうが良いだろう

    何故そう思うか?
    S&P500株式の配当込みのトータルリターン15年の成績に負けているからだ

    確か、誰かがバフェット太郎丸指数10とS&P500株式の比較をしていた

    まあ、根本的な設計に欠陥が、バフェット太郎丸指数10にあるかも
    知れない

    まあ、俺は、あまり、バフェット太郎丸指数10とGEは、儲からないだろうなあと
    思っている

    返信削除
  3. 立ち読みでもいいんで書評してくださいよ、

    と書こうとしたけど、もう去年散々やってる上にこのブログそのものが書評みたいなもんですね

    返信削除
  4. 坊やさんは、太宰の事を知っているんだろうか?

    時代が時代だから、もちろんブログなんてモノは存在しない。
    新聞紙上にまで、発表した小説の題や内容の一部を改変したと言う。

    当然、気付いていた人は、大勢いたんだろう。
    誰もその事を、問題視はしなかった。
    って言うか、多くのインテリは、称賛したんだそうな。
    「これで、文学的な価値は上がった」と、言って。

    ひとり、三島由紀夫は、反発したんだそうな。
    その勢いに押されて、川端康成は、太宰を芥川賞に推薦出来なかったと言う話がある。

    結局、太宰も三島も芥川賞とは、縁が無かった。
    死ぬほど芥川賞を欲しかった太宰は、芥川賞を取れずに自死した。

    芥川賞よりも、オレの文学のほうが権威が有るんだと嘯いていた三島は、市ヶ谷のの自衛隊で割腹自殺した。

    相場も怖いけどさ、文学の世界も、なま大変な事も有るよね。

    返信削除
  5. 原油株式のXOMは、クソになりつつある

    XOMは、クソみたいに儲かりにくくなったので
    1ヶ月前に
    XOMを、半分売却し
    エネルギー株式は、XOM PSXで、様子見している最中だ

    返信削除
  6. 俄然、世間が騒がしくなって来たよ。

    南北朝鮮問題、イラン核合意問題、ユダヤ教/イスラム教問題、米/ロシアの覇権問題、米/中の財政潰し合い問題、そして環太平洋のマグマ(火山)問題。

    いずれも、この1週間でテンパって来たよ。一挙に来たって感じだ。
    ここからの1ヶ月は、歴史に残る1ヶ月になると思う(いや大袈裟じゃ無くてさ)。

    書きたい事、山ほど有るんだけど、米国株のブログだからね。

    詰まんない話も、いっぱい有るんだけど、誰かさんは四半期毎に発表される決算書は見ているのかね?

    業種に関わらず、最も重要なのは、売上高です。これは誰でもすぐ解るように書いてある。

    次に重要なのは、利益です。これが解りづらい。会社によって違うけれど、たいてい一番目立つように書かれているのが「純利益」。純利益を見ているうちは、投資家としては初心者です。純利益って、会社の事業そのものよりも、詰まらない理由で増えたり減ったりするんだよ。だから、見るべきは「営業利益」です。

    XOMの場合、営業利益の底は、2017年12月期でしょ。2018年3月期で、営業利益がグ~ンと、倍以上に伸びているでしょ。

    まあ、いいや。もっと小さな会社の場合は、キャッシュフローのほうが重要なんだけど。

    それより、もっと書きたい事が有ったんだ。今日、久しぶりに「シグナル」が出たんだ。でもまあ、いいか。誰も気にしてないような銘柄だからさ。もしも儲けたら、何かの形でお裾分けするよ。

    返信削除
  7. お早うございます。

    昨晩は、フェイスブックを利益確定。
    久々にクリーンヒットな感じ。気分爽快。

    これで大人しくしていれば、年内は余裕で喰っていけるんだけど、これだけ美味しそうなモノが目の前にぶら下がっていると、虫が騒いじゃうんだよね。

    返信削除