2017年12月5日火曜日

インド株式市場





提督は現在、インド株を保有していない。


SENSEX指数のPERは20倍を超えており、株価もかなり高い位置にあるので、すぐに投資する気はないが、いつか来るであろう買い場に向けて調べておこう。

まあ、実際に投資するとなると、面倒くさそうな国だとは思っているが。


なお、インドルピーは下げ続けており、ルピー円は1ルピー1.8円以下で推移、インド旅行に行けば、かつてよりも大いに楽しめるかもしれない。

提督は、ヒマラヤのガンジス源流から河口まで、巡礼の旅をしてみたいと思っている。

また、1億人が訪れる世界最大の祭り、クンブ・メーラにも行ってみたい。




インド最大の取引所は、ボンベイ証券取引所(BSE)。


1875年に設立されており、アジアで最も古い。

代表的な指数はS&P BSE SENSEXであり、以下の31銘柄から構成される。


アダニ・ポート&SEZ
アジアンペイント
アクシス銀行
バジャージ・オート
パルティ・エアテル
シプラ
コール・インディア
ドクターレディー・ラボラトリーズ(※)
HDFC銀行(※)
ヒーロー・モトコープ
ヒンドゥスタン・ユニリーバ
HDFC(※)
ICIC銀行(※)
インフォシス(※)
ITC
コタク・マヒンドラ銀行
ラールセン&トゥブロ
ルパン
マヒンドラ&マヒンドラ
マルチ・スズキ
NTPC
オイル&ナチュラルガス・コーポレーション
パワーグリッド・コーピレーション・オブ・インディア
リライアンス・インダストリーズ
インドステイト銀行
サン・ファーマ
タタ・コンサルタンシー・サービシズ
タタ・モーターズ(※)
タタ・モーターズDVR
タタ・スチール
ウィプロ(※)


(※)はSBI証券での取り扱いあり。


あとは、ベダンタ(※)という資源会社がある。

ADRで買えるのは、わずか8銘柄。


魅力的なのはPER15.3倍、配当利回り2.85%の、インフォシスぐらいかな。


GE提督の個別株まとめ
GE提督の百貨店
GE提督のおすすめ記事

GE提督航空 お帰りの方はこちらへどうぞ