2018年1月8日月曜日

GEとともに生きるを削除せよ



SUZUKI YUYAという人がいる。


『GEとともに生きる』という、コピーブログの作成者だ。

簡単に言えば、コンテンツ泥棒だな。

GE太郎として何度も削除を要請しているが、完全に削除されることはなかった。


GE太郎本人であるという確たる証拠を示せの一点張りだ。

間接証拠、状況証拠は一切受け付けないという。

だが、一体どうやってそれを示す?


『GEとともに生きる』の原本は既に削除されており、それと同時にgoogleアカウントも削除している。

本人であることを表す証拠を提示する方法があるのなら、教えてもらいたいね。

ま、それができないと分かっていて居直っているんだろうがね。

盗人猛々しいというが、まさにその通りだな。




GE太郎本人かどうかは別にしても、なぜSUZUKI YUYAが他人の書いた文章を私物化できるのか教えてもらいたい。

コピーブログのコメント欄でも問うたが、承認制なので、それがピックされ、回答されることはなかった。


GE太郎に栄光あれだとか、伝説のブログを読みたいという読者の要望に応えてとか、キレイごとを並べているが、アクセスが欲しいだけだろう。

自分のブログにリンクを貼り、Twitterで拡散している。


当初、コピーブログには、本人もしくは第三者の要請があれば、ブログは削除する旨の文言が書き添えられていた。

しかし、その文言も消去されたようだ。




客寄せパンダとして『GEとともに生きる』を使い、それに味をしめているんだな。

余りにも卑しい行為だ。

反吐が出るね。


アクセスが欲しいなら、自分で記事を書き、米国ブログ村に登録してランキング1位になればいい。

自分でやれよ。


改めて、『GEとともに生きる』の完全な削除を要請する。


GEとともに生きる まとめ


2 件のコメント:

  1. SUZUK YUYAは真性の基○外ですよ。
    彼のブログにそれを象徴する一文があります。

    ttp://www.suzukiyuya.com/entry/1yers-training-change
    ※以下引用
    ~~~
    私は街中で気になった女の子をナンパすることがたまにあるが、全体的にカッコよくなったおかげか、
    やはりトレーニング開始する前より食いつきが良い。相手にされやすくなったというより、
    相手がコチラに興味を持ちやすくなった、異性として意識されやすくなった。
    ~~~

    コミュ障であることは本人も自認しているようですが、
    専業トレーダーを目指すにあたってTwitterフォロワー
    12人の人望では先立つものがないのでしょう。

    「GEとともに生きる」はそんな彼が見つけた唯一の金ヅルであり、
    生活のためにも手放すわけにはいかないのでしょう。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      まあ、何を言っても無駄な感じですね。

      相手も必死のようで、コピーマンの汚名を着てまでも小銭が欲しいのだろうかと思うと、なんだか哀れな気もします。

      削除