2018年2月7日水曜日

鬼より怖い、一文新値





昨晩の米国市場の上昇を受けて、大幅な反発で始まった日経平均株価だが、終わってみれば、わずか前日比0.16%のプラスで引けている。


最近の相場の下落を見て、暴落を買え!という人、あるいは、落ちるナイフを拾うな!という人、さまざまだ。

私は、静観している。




未来から来た男(自称)ジョン・タイターでもないので、先行きを予想していないし、もしそれをやれば鬼が笑うことになるだろう。

だが、個人的な願望というものはある。


節分天井、彼岸底ぐらいになればいいなと思っている。

私の個人的な願望など、相場は知ったことではないし、これからどのように動いたとしても、驚くこともない。


ダウや日経は、高値圏から大きく陰線を引いて下落している。


こういう場合、一直線に戻すことはあまりなく、強烈なリバウンドを入れながらも、上値を切り下げてゆき、底打ちするのは結構先になるのではないか…。

そういう予想、いや、ただの願いがある。


まあ、罫線なんて、当たるも八卦当たらぬも八卦、私自身それほど信用しているわけでもない。




自分が待ち構えている水準がようやく近づいてきたという喜び、だが、そこまで行かずに上がってしまうのではないかという不安。

もう4か月以上、株を買わずに待ってきた。

上がってしまって買えなくても、それはそれでしょうがない。


とはいえ、もっともっと下げてくれなければ面白くない。


ダウや日経の下落など、ゼネラルエレクトリック(GE)やXEMに比べれば、児戯に過ぎない。

私がGEで味わってきた悶絶を、たくさんの人と共有し、かつミロでその心を癒して欲しいんだ。

米国株ブログ村が「クソがあああああああああああああああああああ!」の絶叫で満ちる日が来る、そんなことを夢想したりもする。


まあ、天理スタミナラーメンでも食べながら、ゆっくり待つしかないな。


ベタベタに溶ける、チョコレートの帝国
2034年のタイムトラベラー タイムマシンはGE製
減配からの大暴落




2 件のコメント:

  1. 今日もいい感じにスパイスがきいてますね。
    なんとかダイアリーはほんと毒にも薬にもならない。けど、またくだらんこと書いてるっていうことを確認するために読んでしまう自分がいます。

    返信削除
  2. 癒し系ですね。今回は。

    返信削除