2018年2月3日土曜日

私だけの楽園 投資ブームの到来と暴落の予感





気になることが、いくつか起きた。


電車に乗ると、大学生の集団に周りを囲まれ、彼らが投資について、大声で語り始めた。

やっぱり、投資がアツいらしい。


ある大型書店に到着、投資関連コーナーに向かうと、黒山の人だかりで、みんな熱心に投資本を読んでいる。

証券会社の紙袋を手に、意気揚々と街を歩く人々…。




みんな投資を始めちまってる。


堅実な資産運用として、将来のために投資を始めたという人も多いと思う。

立派なことだ…?


いつか見た光景、デジャヴ(既視感)の眩しさで、頭がクラクラする。




私が米国株投資を始めた頃、証券市場は無人の荒野のようだった。


そこで、誰にも知られず、密かにいけないことをやっているというヤバイ感覚、それがたまらなく好きだった。

屋上の建物の陰に隠れて、こっそりアンパンを食うような気持ち…。


無論、リアルで株をやっているなどと、他人に言うこともない。




かつて、ソニックトレード団に集まっていたのも、人生のすべてを株に賭けた、マトモではない株キチガイばかりで、罵声と怒号の飛び交う鉄火場のようなところだった。


そういう雰囲気が好きだったんだ。

いまは、投資をやっている人の大半がマトモで、えらく変わるもんだと驚きを隠せない。




昨年後半、米国株ブログが大増殖した。


バブルではないかと言われたりもしたが、この私がランキング上位になるぐらいなので、やはり異常事態といってよいのだろう。

米国株に関しては、カンカンの強気の人が多いが、どうなんだろうね。


この私が、株式市場に現れた靴磨きの坊やなのかもしれない…。




何か、私だけの楽園が、人で満ち始めたという寂寥感に包まれているが、そんな私に残された、最後の楽園がゼネラルエレクトリック(GE)だ。


こいつには、みんながやばいと思って近づかない。

いまも排他的な聖域を形成していて、なんだか嬉しくなる。


…泣いてるんだよ、GE坊やは。


ベタベタに溶ける、チョコレートの帝国 おすすめ!

スイーツな投資ブログを貪る人たちの陶酔感
チョコレイトディスコの破壊 我、ミロとともに凱旋せり
血の海 ブログを書くことによるQOLの劇的な低下
チョコを食いたい ランキング1位を獲りに行く
チワワ狩り ミロは世界最高の飲み物

米国株式市場の調整、それとも終わりの始まり?
仮想通貨が溶ける XEMが暴落
アドセンスという伝説の島
減配からの大暴落
バブルの足音 血染めのポートフォリオ



『暴落の着火点』 土方薫 著


分かっちゃいるのに逃げられない、だって、人間だもの。




1 件のコメント:

  1. 日本のマスコミはどうも投資に関しては、ネガティブな報道ばかりする
    ダウが665ドル落ちれば、2008年以来の暴落、と必ず見出しに取る
    当時、ダウ平均一万円のときの665ドルと今とでは、暴落率、重みは全然違うのに
    値動きは比率、対数グラフで見なければならない
    仮想通貨もそうだ。ビットコインが半額になれば、リーマン級の大暴落みたいに報道する。対数グラフを描いてみろ、殆ど綺麗な右肩上がりだ

    そんな日本で投資熱が高まっているのはいい事だが、これまたマスコミのミスリードでやり方間違ってる奴が多過ぎる
    ボラの大きい日本株で、デイトレード?チャート分析してロスカットだ、利益確定だ、と、そんなやり方で儲かる訳ないだろ

    鉄板の米国株を長期ホールド。それが確実に儲ける方法だ
    ゼネラルエレクトリック永久保有、ブログ主には最大の敬意を表したい

    返信削除