2018年2月23日金曜日

沈黙は金である





2017年、ゼネラルエレクトリック(GE)ホルダーは、地獄を見た。


投資は楽しいもの、お金が増えるものだと聞きかじって、意気揚々と札束を手にし、株式を購入したのはいつの頃だっただろうか…。

優雅な豪華客船に乗り込んだつもりが、気が付けば泥船だった。


GEに投じた資金はあっという間に半減し、泣いても叫んでも、帰ってこない。

それだけでなく、悪材料が次々と繰り出され、心のしんどさが半端なく蓄積し、脳が破壊され、ミロを持つ手が震えてくる。




このブログは、投資ブログには珍しく、投資情報を一切提供していない。


何故か?

それは、私がGEを保有し、現在、50%の含み損を抱えているからである。


私が鳩のような眼をして投資について滔々と語っても、読者の皆さんには、私の額に深く刻印された「G」という文字が見えるはずだ。

Gを持つ者、そんな人間の語る言葉に耳を傾ける人などいない。




近年、米国株式市場は空前の大相場に沸いている。


もし、GEが、ボーイング(BA)のように倍化していたら、私は「資本財セクターに投資する圧倒的な優位性」といった趣旨の記事を量産していただろう。


もしかしたら、カリスマブロガーになっていたかもしれない。


米国株ブログ村のみんなと仲良く米国株投資について語り合い、ワインやシャンパンを酌み交わしてギャルを抱きまくっていたはずだ。


でも、そうはならなかった。


GEの株価は雪のように解け、後に残ったのは淡いクソの名残だけだ。

のみならず、投資について真面目な発言を一切許されないという、両手両足を縛りあげられたうえでのブログ運営を強いられている。


私に語ることが許されるのは、株式投資のえげつなさ、心のしんどさだけであり、そのリアルなドキュメンタリーが、このブログの存在価値だろう。




最後の希望だった、電撃投資少年団のKさんによるNEMの箱舟計画も、悲劇的な結末を迎えつつある。

乗り込んだ箱舟は、やはり泥船だったのかもしれない…。

電撃共栄圏は空中分解し、GEおよびXEMは、連日、猛爆撃に晒され、爆損のデスブログ集と化している。


まじで、神風が吹かないと、どうしようもない。


圧倒的な恐怖 ポーカーと株式投資
仮想通貨が溶ける XEMが暴落
GEの暴落が止まらず、脳が破壊されてゆく

GEを継ぐ者 ソニックトレード団の記憶の語り部


2 件のコメント:

  1. 昨日もバリックゴールド(ABX)は△2.4%で引けた。どうもタンザニア政府との揉め事に、解決の目途が立たないらしい。あそこの大将(マグフリ大統領)って、ちょっとヤバイ奴だろ。何でもタンザニア政府は、税金と罰金とその利息として1,900億ドルを要求しているらしい。1,900億ドルってバリックゴールドの純利益の300年分じゃねえか。クソが。クソじゃねえかよ。クソが伝染っちまったよ~。

    返信削除
  2. 元気がないなあ・・・・・・。
    気にされていないかもしれませんが、1位から転落しちゃっているじゃないですか!
    先ほど、エールの気持ちを込めて記事を書かせていただきました。
    ファイト!ですよ。
    く( ̄Д ̄)ノ ガンバレーーー♪

    返信削除