2018年3月29日木曜日

FANGよりやばいディフェンシブ株たち





少しFANGが下がれば、やれブームの終焉だというようなことを言う人がいるが、ただの調整じゃないのか?


昨晩はアマゾンドットコム(AMZN)が4.38%下げており、バフェット太郎が喜びの声を上げているようだ。

だが、長期のチャートで見れば、わずかに下げただけである。




そんなことより、いわゆるディフェンシブ株への投資ブームのほうがよほど終わっていて、年初来のパフォーマンスを比較してみればすぐにわかる。


まずはFANG、フェイスブック(-13.28%)、アマゾン(+22.40%)、ネットフリックス(+48.87%)、グーグル(-4.58%)。

悪くない、というか、FB以外はいまだに十分なリターンをもたらしており、含み益で余裕綽々のホルダーも多いだろう。




では、我らがディフェンシブ銘柄を見てみよう。


エクソンモービル(-12.95%)、プロクター&ギャンブル(-14.19%)、アルトリアグループ(-12.55%)、ベライゾン(-9.31%)、ジョンソンエンドジョンソン(-8.78%)、その他大勢…。

すべてが見事にクソ化している。


これはあくまで年初来のパフォーマンスで、1年間のリターンでいうと、更にどうしようもないぐらいFANGが優れている。




FANGはブームの終わり、ディフェンシブ株に関しては調整に過ぎず、買い増ししましょうという意味が分からんね。


アマゾンやグーグルだって、絶好の買い場かもしれないじゃねえか。


ディフェンシブ株の値動きには一喜一憂せず、FANGに関しては欣喜雀躍、実に楽しそうだなと思う。

同時に、これぞ牽強付会だなという感慨を深くする日々である。




さて、私のポートフォリオには多くの高配当が含まれており、それらはちょうど去年の今頃に集中的に買ったものだ。


あれから1年が経つが、FANGと比べればゴミのようなリターンである。


その間、巷にはずっとFANG暴落論が流布されていたが、実現することはなかった。

とはいえ、15回も20回もそういうことを言っていれば、いつかは当たる時が来るのかも知れない。

当たろうが外れようが関係なく、言い続けること、継続することに価値があると考える人もいるのだろう。




自らの願望を語るのは結構だが、それを見識として真に受ける純真な人もいるので、ついついお節介なことを書きたくなってしまう。


あるいは、ツッコミなしでボケ続ける情報空間に耐えられないというか…。


ともかく、株式投資に絶対はないが、ただひとつ、あるとすれば、GEが下げ続けるということだけである。


年間リターン、-53.81%…。

他の追随を許さない圧倒的な下落力を見せつけているクソ株の王、それがGEだ。


米国株ブロガーの実力を見破る方法

クソダサいのはFANGを保有していない投資家だろ?
聖杯の可能性 ダウマイナス太郎投資法
圧倒的な恐怖 ポーカーと株式投資

ネットフリックスに注目
米国最強銘柄アマゾンドットコム
アマゾンに併呑される世界
新しいダウ平均銘柄はフェイスブックか
グーグルとアマゾンで武装する

GEとともに生きる まとめ


5 件のコメント:

  1. 完全に同意させていただきます。(^^)

    返信削除
  2. GE坊やさん、今日は珍しく意見が合うな。

    おいらも、FANGは買い時だと思う。

    そしてディフェンシブ銘柄、そうとうやばいよ。
    完全にトレンドラインが下を向いている。
    立ち直るのに、3~4年くらい掛かるんじゃないのか?

    それだけの期間、我慢を重ねてまで保持する必要があるのか?
    おいらも真剣に考えている。

    でも、何年か後には、ディフェンシブ銘柄は復活するよ。
    だが問題はここからだ。

    本当にやばいのは、食品銘柄とタバコ銘柄。
    この2セクターは復活すること無く、死んでしまうかも知れない。

    食品銘柄の中で、確実に生き残るのは、コカコーラとペプシコだけ。
    他の銘柄は全部、危ない。
    個人的には、マコーミックには生き残ってもらいたいと思ってるけどね。

    そして、もっと危ないのがタバコ。
    これ下手すると、セクターごと消えちゃうかも知れない。
    それぐらいの危機感を持ってる。

    返信削除
  3. ありがとうございます。遠くカナダからいつも拝読しています。
    私はGEは持っていませんが、応援してます。
    なんか今日はホットしました。

    返信削除
  4. 50歩100歩だよ.

    FANGは50歩の敗走,デフェンシブは100歩の敗走だ.両者とも,2018年2月からケツに異常事態が生じていることに変わりはない.

    MOやPMに否定的な意見もある.けどさ,大衆相手のサービス,政府の規制に右往左往,そういう意味じゃあFBも一緒さ.

    肝心なのは過去じゃなく未来だ.これから暴落するか,あるいは退屈な値動きが待っているか.どちらにせよね,ケツに入れた棒をグリグリしてあげるからさ,痛みが快感に変わるまで歯をくいしばるんだよ.ドMはディフェンシブに多い気もするが,FANGは自信がみなぎっている.両者がどこまで健闘するか,とても楽しみだね.

    そうそう例の店のことだけど,分かっているよね,値段が知りたい時はHPの入浴料を確認するんだよ.あと,くれぐれも高級店だからね.安価な店だと暴落に傷ついた心が癒えないからね.

    返信削除
  5. いつも楽しく見ています。
    うちも高配当銘柄がクソ化しています。

    このブログを楽しむ為にワンタップバイでGE株をお小遣いで買ってます。

    返信削除