2018年4月27日金曜日

アマゾンの株価が爆上げする夜に






Kさんがアマゾン(AMZN)のオプション取引に乗り出していれば超盛り上がったはずだが、口座開設手続の時間などもあり、無理だったのだろう。


米国株にカテゴリー替えしたKさんは、いまだに深い微睡の中にあり、起き上がる兆候を見せていない。

DUO3.0による英語修業が忙しく、本格的な米国株取引への参戦は、修行が完成してからなのかもしれない。


だが、簿記三級の取得宣言から約5年が経過していることから鑑みるに、米国株への参戦も、数年かかる可能性がある。




その理由が、私には朧気ながら分かるような気がする。


まず、Kさんが天才であることは間違いないが、常にアクティブなわけではなく、我々凡人がそうあって欲しいというような行動をとることは、まずない。


長年Kさんを見ていて分かることは、Kさんが天才化するのは、どこかから材料を見つけてきた時だということ。

その瞬間に電撃的なソニックトレードを全力で仕掛け、利益を得るというのがKさんの流儀である。


ということは、米国株の場合、英語という壁が存在し、十分な材料の収集が出来ず動くことができない、ゆえに取引の実行に至らないのではないか。


日本の仕手株がKさんのフィールドだったが、やはりそこにKさんのエッジがあるのではないかと改めて思う。




とはいえ、米国株に興味があるということで、ブログ村で唯一アクティブな米国株カテゴリーに登録していることは、喜ぶべき状況である。


先日、GE坊やはブログ村を離脱したが、その結果、ソニックゲートからソニック財団へのアクセス垂れ流しの効果も激減することになる。

私自身のアクセス数は、恐らく10分の1程度に減少するだろう。




毎日業務のようにブログを更新するということは、Kさんにとっては下らない行為なのだろうが、一度スイッチが入れば、とんでもないことになる。


現在、ペナルティの影響で目立たなくなっているが、ブログ村米国株カテゴリーのアクセスはバフェット太郎に集中しており、その基盤は非常に堅固で、揺らぐことはない。

凡人がブログを書いたところで、その牙城を崩すことは不可能である。


だが、その不可能を可能にするのが天才で、それがKさんだ。




もうひとつの可能性。


Kさんが、欲望を解脱してしまったということ。

SUVの購入も決定したということであり、本格的に人生を楽しむ方向に舵を切った可能性がある。

以前から、「投資のことは忘れて奥さんを大切にして生きろ」というコメントが多く寄せられていたのを見てきた。


いよいよ、Kさんは、その高みへと昇って行くのだろうか。


勝者だけが報われる 米国最強銘柄アマゾンドットコム


5 件のコメント:

  1. 二宮金次郎の言霊には
    勤労収入の範囲内で
    安い品物を安く買いつつ、借金をしないで質素生活をしつつ
    社会に還元する精神力

    石田三成流に言うなら
    大一大万大吉だろう

    皆が、一人を大切にし
    一人が、皆を大切にする
    そうすれば、皆が豊かになる

    そういう理念を持った企業はある

    色々問題はあるが
    コストコ だろう
    コストコは、ほぼ 会員収入が利益で
    商品は、確実に赤字で販売し
    従業員の給料も、日本では最低限時給は1250円
    アメリカでは、6年働くと
    時給は23ドルに上昇する

    アマゾンは、AWSが、利益を底上げしつつ
    株価で還元
    さらに、商品価格を安くしている

    返信削除
  2. Kさんにバフェット太郎との一騎討ちをして頂きたいです…

    返信削除
  3. 祝! 戻って来てくれると思ってました。本当にありがとう。
    ちょっとさ、藤の花を見に遠出していたもので、見落としちゃったよ。

    GE坊やの事を貶めるつもりで言う訳じゃ無いけど、内容なんてどうでもイイんだ。ココに居てくれるだけで、本当に嬉しい。

    geunionさん(今まで言って無かったけど、本当は凄く尊敬している。)がさ、客層のレベルが低いと仰るが、本当にそうなのかな? まあ、そうなんだろうね。

    でも、そんな事はどうでもイイじゃないか、GE坊やが存在している事だけでおいらは結構「幸せ」なんだ。

    なぜか、GE本体も好調だしね。ホント嬉しいよ。おいらも今夜はやんちゃしちゃうよ。

    返信削除
  4. あ、もしかしたらのり君さん以外にも勘違いされてるかもしれない(「勘違いされている」が私の勘違いかもしれませんが…)ので補足しておくと、「客層のレベルが低い」と感じるのは、もちろん、このブログではなく、ブログ村ランキングの読者(このブログを除く)のことでした。

    ちょっと分かりづらい書き方になってたので、誤解を招いていたら申し訳ありません。

    まぁ、「このブログを除く」なんて恣意的で都合のいい考えに過ぎないですし、いずれにせよ悪口なので、良くない話なんですけどね。


    AMZNは凄い上がりです!GEも…プラ転しないかな?(一瞬してますね!続け~!)
    まぁ、日々の動きに一喜一憂するタイプの銘柄ではそれこそないかもしれませんね。


    ブログ村から脱退されても、末永く応援しております。よい週末を!

    返信削除
  5. 俺の手元には米国株式2016年 225銘柄の解説本がある

    この本は、未来を予知可能な解説本だ

    過去18年分の米国株式の情報が詰まっている

    過去の10年の情報では、役には経たないと思っている

    過去の18年の情報には、リーマンショックやITバブル崩壊の時の値動きが載っている

    生活必需品セクターは、債権みたいな値動きで
    あまりに儲かりにくい
    資本金融ITセクターは、大暴落すると、大ダメージ

    何に投資するかは、バフェットの投資ポートフォリオを参考にしたい
    保険セクター、鉄道公益エネルギー
    これらだけで、ほぼ40%

    残りの60%は、そうだなあ
    ダウの子犬に30%
    GE INTC CSCO PFE KO
    その他に30%だろう

    ただ、俺は逆張り神
    投資した銘柄は、頂上だったり、もしくは最安値付近でさらに、叩き売られたりする
    俺の予想は、当たらない
    何故当たらないか、十年先の未来を考えているからだ



    返信削除