2018年4月4日水曜日

GEの魂は、地球の重力に引かれているのか?





周囲との同調圧力のなかで、目立たずに、ただ静かに存在してくれさえいれば、それでいい、そう願っていた。

だが、こいつだけは別格だ。


ゼネラルエレクトリック(GE)…。


昨晩、米国市場が大きく反発し、多くの銘柄が値を戻すなか、GEは0.15%の上昇、終値は13.13ドルとなった。

GEは、絶対的不動の境地に立っている。


値下がりこそしていないものの、安定のアンダーパフォームだ。


意を決して買い増しをした翌日だぞ、これではまるで、道化ではないか!

地球の重力が、GEに飛び立つことを許さない。




私はかつて、あらゆる株がクソになり、GE化するに違いない、そしてすべての投資家が爆損の歓喜の中で兄弟になるという夢を抱いていた。


最近の下落は、そんな願望が実現するのではないかという期待を抱かせるもので、私はハートをホットにして、その時を待っていたのだ。


だが、そうはならなかった。


FANGブームの終焉、あるいはFAGA!ブームの残酷な結末が叫ばれているが、それらは速やかに値を戻し、ただひとり、GEだけが決然たる意志をもって戻らない。


他のあらゆる株が上昇しようとも、全く動じず、おのれの選んだ道をひたすらに突き進んでゆく。


何と誇らしい!

それでこそGEで、私が星の数ほどある株のなかから、選りすぐって買い増しをした銘柄だ…。


クソじゃねえかよ。




昨晩、他の株が大幅に反発するなか、GEは、一時的に2%超の下落を見せており、早速、超極太ディ○ドがセットされることを、私は覚悟せざるを得なかった。


すいません!まだ昨日、買い増しをしたばかりで、しかも、極太バイブの経験はありますが、超極太ディ○ドは…

そんな恐怖に震えながら、眠れない夜を過ごしていたんだ。


一発だ、たった一発のお仕置きで、アナルが完全に破壊されるんだぞ。


甘い見通しのもと、安易にGEの買い増しをしたGE坊やに対し、マーケットは迅速、かつ完全な制裁を加えるに違いない…。

だが、朝起きてみればGEは値を戻していた。


ぎりぎりセーフだ。


深夜、GE坊やがわずかに垣間見た、超極太ディル○ドを手にしたミスターマーケットの姿、それは、ハード・ボンデージを着たガチムチのおやじさんだった。




さて、新年度の始まりとともに、新社会人に向けてのアドバイスといったブログ記事が、多く見られるようになった。


私からは、これから新しく株式市場に踏み出し、投資家デビューする皆さんに、こんな言葉をかけてあげたい。


地獄へ、ようこそ。

ハード・ボンデージを着たおやじさんに気を付けろ。


2 件のコメント:

  1. バフェットオジサン2018年4月4日 17:27

    GEのPBR1.75倍 13ドル

    手元の米国225銘柄 2016年の夏季節本を見てみたら

    その当時は、GEのPBR3.5倍 32ドル

    ハッキリ言って、天に唾を吐いたら
    唾が顔に当たるような
    地球の重力により、GEの株価が下がったような
    感じだろう

    まあ、バフェットが、買うタイミングは
    そろそろ近い
    PBR1.0倍が、買うタイミングか?

    返信削除
  2. GEの投資する人々は、魂を重力に引かれて飛ぶことが出来ない

    返信削除