2018年4月19日木曜日

IBMの下落で心がしんどい





昨晩、IBMは7.53%の下落。


私も株主であり、傍観者ではない。

2017年という米国株式相場の大上昇期にIBMの株主になって1年が経つが、含み益になったところを見た記憶がない。




買った直後にウォーレン・バフェットの投げ売りに遭い、株価は暴落、速やかに含み損の世界に直行した。


私のポートフォリオの中のクソBIG5であり、プロクター&ギャンブル(PG)やベライゾンコミュニケーションズ(VZ)とともに、クソであり続けている。


買われ過ぎた株が下げるのなら、仕方がないと諦めもつく。

だが、FANGや米国株式市場全体の大幅上昇を横目に、IBMはひたすらに地を這うような値動きを続けてきた。


一度も上がることなくただ下げる保有株を見て、一体これは何なのだ?と独り言ち、鏡に映った自分の顔に唾を吐きかける。




お前がIBMを買った理由を言ってみろと問われれば、やっぱりこれはダウだ、ダウの犬投資法で買ったクソ株だ。


全く恐ろしい投資法もあったもんだと改めて背筋が寒くなるが、よく見たら『ウォール街のランダムウォーカー』に役に立たないと書いてある。

よいこのみんなは、安易な投資法に手を出してはいけない。




米国株投資を始めた頃、私も『ウォール街のランダムウォーカー』、『敗者のゲーム』、『株式投資の未来』などは読んだが、ピンとこなかった。


これら、米国株投資家たちのバイブルとでもいうべき書物は、学者や投資コンサルタントが書いたインデックスファンドの販促本みたいだと思っただけだ。

でもまあ、きちんと読み込んでおけば、少なくともダウの犬投資法による爆損は防げたのかもしれない。




さて、IBMだ。


株価は酔いどれ千鳥足で一向に上向く気配はなく、かつて語られていたワトソンだとか人工知能だとかいう話もどこかへ行ってしまった。

この会社が何をやっているのか、どこで稼いでいるのか、よく分からない。


ジョンソン&ジョンソン(JNJ)もしょっぱい値動きで、2017年に起きた優良株コレクションブームが終わってゆくことを実感させる。

アルトリアグループ(MO)、フィリップモリスインターナショナル(PM)などのタバコ株も全滅だ。




米国株投資の黄昏、パーティーで楽しんだツケを払う日が迫っている。


8年にも及ぶ株式相場の上昇、その頂点の陶酔感の中で高値掴みしたのが、IBMや生活必需品セクターなど、バカでも稼げると思われた銘柄たちだった。


もはや、筵の上に陳列された10種類の秘仏の化けの皮も剥がれているが、下がれば買い増しという絶叫だけが空しく市場に響き渡っている。

私も、『バカだから稼げなかった米国株高配当投資』という回顧録を出版し、その印税で含み損の補填をしてみたい。


これが世界の終わり方だ。

轟音ではなく、すすり泣きとともに…。


7 件のコメント:

  1. 10種類の秘仏の化けの皮って表現が秀逸過ぎます!

    返信削除
  2. ここ最近の決算は希望を見せるものであり、今回も数字自体は全然悪いものじゃない感じだっただけに、この下がりは残念ですね。

    ただ、チャートを見るとちょうど1か月前に戻っただけとも言えますし、さらに言えば去る2月も、そして昨年11月の時点でも、完全にこの水準を底としてすぐに反発していましたから、今回も単純に考えればこの辺りを底として、少なくともこれ以上大きくは下がらず踏ん張ってくれそうな気はしますね。

    落ち続けなければ、年4%の配当が入るのは事実ですし、そこまで悲嘆に暮れる必要もありますまい、とも思います。

    もちろんFANGと比べちゃうと月とすっぽん、パフォーマンスの差に愕然とするレベルかもしれませんが、結局他の銘柄や、他人の投資なんかと比べないことが一番重要なのかもしれませんね。

    市場平均超えというノルマや、他の投資家・手法・金融商品と勝負する必要がないというのは、個人投資家の強みですから。

    ま、そうは言っても他人を出し抜きたいという気持ちが強いからこそ投資なんぞに手を染めるわけで、どうしても他の上手くいっていそうな手法なんかに目移りしちゃうものなんですけどね…!

    自分の方がいまいち冴えない時こそ、そういう俗物的な考えを捨てて、悟りを開くいいチャンスなのかもしれません。

    上手くいく時もあれば下り坂もある、それが株取引でしょうし、どうあってもその時その時を楽しんでいける、ちょうどKさんのような境地に達したいものです。


    あとは金曜夜のお楽しみ、主役GEがどうなるかですね。朗報の到来、心よりお祈り申し上げます!

    返信削除
  3. >筵の上に陳列された10種類の秘仏の化けの皮も剥がれているが
    朝から爆笑してしまった。
    しかし、B太郎氏は金と銀のフルアーマー蔵前みたいな物で、どんだけdisろうが平常運転なんだろな、米株ブログ1位を争ってた時にGE坊やdis記事を書かせたのは今思い返せば凄いことだよな。

    返信削除
  4. 全然、バカそうじゃ無いし、けっこう勉強もしてるみたいなのに、なんで儲からないんだ?

    おかしいじゃん。何か別のところで運を使っちゃてるんじゃないの?

    おいらのセンタートップ銘柄、バリックゴールドは相変わらずタンザニア政府との交渉がうまく行かずに、ズタズタ状態だけれど、それでも全体で言ったらけっこう儲けが出ているよ。

    人間、「運」て大事だよね。

    返信削除
  5. バフェットオジサン2018年4月19日 17:41

    もうちょいだ、もうちょいGEの株を買うのは待ちたい

    PBR1.0を期待しているんだが、何だか、PBR1.85で下げ止まっている

    どんなタイミングか?

    そう、北朝鮮建国記念日10月前後に
    北朝鮮が、ミサイルを日本海に打ち込むはずだろうと思っている

    多分、その時期から GEの株は、下落する可能性がある

    その時期を狙って購入したいところだ

    返信削除
  6. かつて株神として君臨していた神々の黄昏(ラグナロク)は近い・・・
    ヴァルハラNYSEから紅蓮の炎が押し寄せ、ライン河ナスダックからは大洪水により濁水が氾濫し、米国株、日本株、中国株、欧州株すべてを焼き尽くすとともに、すべてを押し流すだろう。
    そして、すべては原初のころに・・・
    株の英雄や神々は死し、これにてニーベルンゲンの指輪、閉幕。

    返信削除
  7. 『バカだから稼げなかった米国株高配当投資』(爆)

    グッドラック。

    返信削除