Saturday, December 31, 2022

チューリップと林檎

『Wagon of Fools(愚か者の車)』ヘンドリック・ヘリッツ・ポット画 1637年

織機を放棄したハールレムの織物工らが車の後ろをついて歩いている。風に吹かれ、チューリップを派手に描いた旗がたなびく中、花の女神フローラは腕にチューリップの花を抱え、酔っ払い、両替商および二つの顔を持つ女神フォルトゥーナとともに、車に乗って海への墜落へと向かっている。


2022年が終わろうとしている。GE坊やが保有している、MO、尼崎および姫路の企業は、すべて含み益だ。新たなお友達も加わったので、いずれ紹介したい。

ともあれ、強烈な円安進行もあり、米国株投資家にとっては非常にいい1年だったのではないだろうか。


さて、来年は阿鼻叫喚の米国株大暴落が起きるという噂がある。

望むところだろう。


「すべての投資家がGE坊やになる」…。

諸行無常、諸法無我。それは必然であり、また、本ブログのテーマであった。


2023年は、クソみてえな米国株インフルエンサーや、踊り狂っていた猿たちが一掃される年になることを願う。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


Saturday, December 10, 2022

幸福な生活について(序)



冬の海を見渡す崖の上に一人立ち尽くし、強風に向かって両手を広げ、その圧力を掌に感じながら「おっぱいを揉みたい!」と叫んだ。

その刹那、風が止み、GE坊やは嗚咽しながら地面に崩れ落ちたのである。


これまで、GE坊やは長きに渡りサツマイモで命を繋いできたのであるが、今年の相場に調子をこいてコストコのUSプライムビーフなどを爆食するようになってから、とみに胃を悪くした。


思えば、相場が悪い時ほど私の身体は壮健であった。

見知らぬ街を夕暮れに向かって果てしなく歩き、号泣しながら繁華街を疾走し、壁を殴り、木に駆け登り、両手を揉みしだいて足を踏み鳴らしながら絶叫していた日々…。


これら粗食と運動が、ホモサピエンスとしての根源的な力を高めていたのかも知れぬ。


翻って今年の相場は実に平穏であり、GE坊やの生活は安逸を極めたが、このような状況が続けば成人病一直線ではないか。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


Wednesday, December 7, 2022

茹で過ぎたマカロニ





私はロビンソン・クルーソーなのではないか…。そう思うことがある。


若き日のGE坊やは、鬱勃たるパトスというべきか、ある種の野心もしくは欲情に駆られ、株式投資という大航海に乗り出したのであった。

しかし、その後に起こったのは、嵐に次ぐ嵐、そして難破。ソニック号は転覆し、行方不明になったK船長。完全なるキャストアウェイ。


いまは嵐も過ぎ去り、目の前には穏やかな海が広がっている。だがここが絶海の孤島であるという事実に変わりはない。

そう、孤島なのだ。


始まりは、「爆益の彼方」を目指した、あの日にあった。

平凡な日常、穏やかな日々の暮らし、そういったものを打ち捨てて、イヴァンカ・トランプ級のギャルに囲まれたおっぱい帝国を目指したこと…。


だがしかし、爆益の彼方は遥かに遠い。仏法を求めてガンダーラに向かった玄奘三蔵の歩みの如き苦難の道のり、死屍累々の旅路である。

かつまた、唾を吐きかけ飛び出した故郷はさらに遠い。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


Saturday, November 26, 2022

なぜ、何のために、投資をするのか





海に沈む夕日に向かって走り続けた。


投資を始めた頃のワクワクした気持ちはとうの昔に消え失せ、いまはただ終わりのない退屈だけが波間を漂っている。

米国株投資を初めて十有余年…。この間、何が変わった?目的は達せられたか?イヴァンカ・トランプ級のギャルをこの腕に抱いたか?



冬の寒さに震えながらサツマイモで飢えを凌いできた去年までの相場と違い、今年の投資パフォーマンスは良好だ。コストコのUSプライムビーフを食いまくり、あるいは生命維持装置「白くまくん」を手に入れたことにより、QOLは劇的に改善している。


だがしかし、投資を始めたそもそもの動機は、そのような小さな幸せを得ることではなかったはずだ。その目的とは、「爆益の彼方」という究極の高みに到達することであった。



ソニックトレード団のKさんによれば、ソニックの定義は「一瞬で莫大な富を手に入れること」であり、そのドリームを実現するほぼ唯一の道、それが株式投資だったのである。


生きながらにして仏になること、すなわち「即身成仏」。

投資を実践するなかでソニックに出会ったということは、ある種、密教への飛躍であったのかもしれぬ。



その道はいまだ困難を極めている。

揺らめく陽炎の向こう側に垣間見えるものの、すぐに消えてしまう蜃気楼。あるいは虹をつかむが如く。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


Thursday, November 17, 2022

和製バフェットと愉快な仲間たち




資金の一部を日本株に戻してから、すこぶる調子がいい。

良好なパフォーマンスだけでなく、家の近所に会社がある、開示情報を日本語で読み込める、株主総会に出席できる等々、お楽しみも多い。


世に「和製バフェット」と呼ばれている故竹田和平氏や井村俊哉氏なども、自らの領域である「日本」で戦っているのは、むべなる哉。


(これに対し、バフェットを自称しながら、本人にもよく分かっていない米ハイグロ株をその頂点において広く大衆に推奨した挙句、光る雲を突き抜け Fly Away したおじさんが存在した、ということは、今回の大緩和バブル相場における非常にエモーショナルな思い出である)


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ