2018年8月18日土曜日

個別株投資の爆損の果て





米国株式市場に燦然と聳え立つ爆損の摩利支天、それがゼネラルエレクトリック(GE)だ。


先日、GEは52週安値を更新し、のみならず、2009年以来の9年安値をも更新した。

この9年間にGEを買った人が全員損をしているという、蟻地獄のような爆損の荒野を形成し、数多くの犠牲者を生んでいる。




私がGEの株式を買ったは2017年3月のことだ。


当時の株価は、リーマンショックから緩やかな右肩上がりを描いており、資本財セクターの優良株として紹介されることも多く、特に危険な存在ではなかった。

しかし、私がホルダーになった直後に、事態は急変する。


始まりは、ベーカーヒューズ(BHGE)関連の変調だった。

オイルプレイを主力に据えてきた私にとって、それは最後の悪材料出尽くしになるのではないかという楽観を抱かせるものだった。




だが、GEは甘くない。


それは本当に始まりでしかなく、その後はパンドラの箱を開けたように悪材料が噴出し、クソ決算を連発した挙句に減配、株価は暴落し、ダウ平均からも除外された。

これらを、事前に予見できた人がどれぐらいいただろうか。


グッドラックの人のおすすめ記事も見たような記憶があるし、その他の人も、同じように考えていたのではないか。

或いは、多少の不調の兆しがあっても、だからこそ逆張りの対象、不人気優良株(爆)として選好した人もいたのではないかと思う。


私自身も、ダウの犬的な考え方からGEを選んだという側面がある。




最初にGEを買ったのは30ドル、それが現在は12ドルまで下がった。


株式投資をしていれば株価が半減することなどよくあると言われるが、そのプロセスは長く、苦しく、絶望的で、心がしんどい。

値幅よりも日柄のほうが精神を破壊する力が強く、何度も何度も僅かな希望が目の前で打ち砕かれると、その度に魂が濁っていくのが分かる。




心の閾値を超えた時、ひとはラテックス製の全身スーツに身を包んで、自らを黒光りする純然たるゴムの塊に変化させようとする。


保有株の暴落はホルダーの人間性が試される局面だが、耐えられなくなると、自我を捨て、物体になりたいという思いが募ってくるのだ。

自らの持つ判断力や思考力、或いは脳に対する、圧倒的な疑念によるものだろう。


絶望しかない。


投資の敗戦日記


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


2018年8月17日金曜日

株式投資が破壊する穏やかな日常





自分で言うのも何だが、私はかつて、周囲の人間から、苦み走ったジェントルマンと認識されていた。


いまは、楳図かずお先生の『まことちゃん』のようになったと言われる。


まず、基本的に震えている。

眼を大きく見開き、口を開けて、そわそわして落ち着かず、発言の語尾が「ら」になりがちであり、突然叫びだしたりする。




言うまでもなく、その原因はゼネラルエレクトリック(GE)の暴落にある。


含み損が40%を超えたあたりから、私はミスター・マーケットというガチムチの親父さんの手によって、ケツに超極太ディルドをぶち込まれるという幻影に悩まされるようになった。


夜の街を歩いていても、物陰からミスター・マーケットが飛び出してきてケツを蹂躙されるのではないか、そんな恐れを常に抱いていたのだ。


満員電車に乗って、何かが私のケツに触れたりでもすれば、超巨大ディルドではないかという緊張が全身に走り、汗が止まらない。

喘ぎながら電車を降りた時には、概ね泣いている。




徹底的なお仕置きが続き、ケツに異物を強制的にぶち込まれる痛みにも慣れ、その敗北感が快感に変わるのではないかと思われた瞬間…、ミスター・マーケットが消えた。


GEはダウ平均から除外され、更に下げ続けているというのに。


株式市場というのはとんでもなくえげつない場所で、ケツがコンフォートゾーンを形成することすら許さない。

号泣しながら「ぶち込んでください」と懇願しても、ミスター・マーケットは、もう現れないのだろう。




本格的な地獄が始まったのだ。


空漠たるクソの荒野にただ一人で放置された私は、ラテックス製の全身スーツに包まれ、微動だに出来ないほど徹底的に拘束されることを願っている。

GEの爆損によって、自らを罰したい、貶めたいという願望が生じたが、いまはその段階を過ぎ、自らの存在を純然たるゴムの塊に変化させたいと感じているのだ。


クソにベルガモットのエッセンシャルオイルを混ぜれば割合と良い香りになるのかも知れない、そんなことばかり考えながら虚ろな目をして街を歩く。


これが、株式投資による爆損のリアルだ。


私はなぜ、米国株ブログを書くのか


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


2018年8月16日木曜日

GEが12ドルを割る





2018年8月15日、ゼネラルエレクトリック(GE)が12ドルを割った。


終値では12ドルを回復したものの、52週安値を更新し、一時、11.94ドルという、2009年以来の低水準に至った。

毎度のことだが、株価を確認した瞬間に胃液がこみあげてくる。




株が上がれば投資は楽しいが、下がれば地獄だ。


決死のナンピンを敢行したにもかかわらず、私がGEによって抱える含み損は、再びマイナス50%に迫ろうとしている。

しかも、1年半の長きにわたってひたすら下げ続けており、暴落の深さだけでなく、時間的な広がりが、私の心をより一層激しく破壊する。


泣けど叫べど、永久のお仕置きから解放されることはない。




値ごろ感は猫をも殺すと言われるが、ダウ平均からの除外により、数多くの人がスケベ心でGEを買い、沈んだ。


これからも、何これ安い、コツン聞こえました!と叫びながら、GEに突入してくる個人投資家が後を絶たないのだろう。

自分だけが底値をとらえられると誤認した欲豚(ホッグ)の劣情を巻き込み、集積しながら、GEは地獄に向かって暴落していく。



心がしんどい。


この究極の責め苦の中で、ある感情が私の中に目覚めた。


Heavy Rubber

すなわち、呼吸を制御されたいという欲望、あるいは、トータル・エンクロージャーと呼ばれるような、全身をラテックス製のスーツで完璧なまでに包まれて、きつく拘束されたいという願望である。


何故こんなことになったのかは、まったく分からない。


暴落を買えと煽る犬


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


2018年8月15日水曜日

52週安値を更新するGE





トルコですら反発するのに、ゼネラルエレクトリック(GE)の下落は止まらない。


52週安値を更新するとは、どういうことか。

それは、極めて強い下降トレンドが継続し、株が売りに売られて、更に下降トレンドが強化されるという再帰的なプロセスの中にあるということだ。


簡単に言えば、これからも無茶苦茶に売られるということである。




チャートは下抜けした。


GEはバナナの叩売りの如く事業を売却しているが、世界中のあらゆる投資家は全く評価せず、株価は沈み続ける。

ホルダーの耳に、毎日のように聞こえるコツンという音、それらはすべて爆損の苦しみが生み出す幻聴に過ぎない。


ダウ除外後の値ごろ感からGEの株式を買った個人投資家もいるだろう。

プロ中のプロがGEを売り続けるなか、あなただけが、GEはターンアラウンドすると確信するに足る何かを掴んでいるというのか?




「ダウ平均から除外されればGEは上昇します、グッドラック」という謎の予言と決め台詞を信じて泥船に乗船した、すべての冒険者が含み損となっている。


現在、GEというウォータースライダーは緩やかに蛇行しながら川を下っているが、いずれナイアガラの瀑布に到達するだろう。

あらゆるホルダーを死に至らしめる審判の日がやってくる。


株価が限りなくゼロに近付いてゆく世界に、あなたは耐えられるか?




FANGの株価は伸び続け、それを持たない者が嘆き、呪い、暴落を願おうが、ひたすら天空に向かって上昇して行く。


GEは、下げ、下げ、下げ、下げ、そこに限界などない。


それにともない、ホルダーである私の精神は荒廃し、日常生活にも支障をきたしている。

周囲の人からは、GE以前と以後では、人格が一変したとさえ言われる。




かつて、私は陽気な紳士として知られていた。


だが今は、指の震えが止まらず、ミロを飲むこともままならない。

狂者、隠者、悪魔、変態、破廉恥と呼ばれ、唾を吐きかけられ、クソの荒野を流離い、絶叫し、崩れ落ちて泣くような状態である。


もはや継続的にブログを書く気力は残っておらず、時たま思いついたように記事を書いてみては、消す。


GEはもう無理だろう。


子供たちに伝えるべき爆損


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


2018年8月14日火曜日

episode 7 GEは地獄を見る 「終わりなき絶望の始まり」





2018年6月、ゼネラルエレクトリック(GE)が、ダウ平均から除外された。


悪材料のワイドモートと呼ばれたGEだが、遂にアク抜けするのではないかと思った人も多いだろう。

クソな出来事の発生や、株価の下落にだって限界はある…。




でも、そうはならなかった。


まず、「ダウ平均からの除外によって、ファンドの強制売りがでて暴落します、グッドラック」にもかかわらず暴落しなかった。

のみならず、「除外後は株価の上昇が期待できます、グッドラック」にもかかわらず一向に株価は上昇せず、ひたすら下落を続けている。


グッドラックが2重にその予言を外し、ホルダーや傍観者を混乱に陥れたが、そもそもノンポジブロガーの適当な相場観が当たるはずもない。





GEの株価が、52週安値を下方ブレイクした。


ダウ平均からの除外は新たな暴落の序章に過ぎなかったということを、相場が高らかに告げ知らせた瞬間である。

ホルダーは、更なる地獄を経験することになるだろう。


GEとともに生きる episode 0
GEがダウ平均から除外


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


2018年7月31日火曜日

生きねば





2017年から2018年にかけて、ゼネラルエレクトリック(GE)の株価が暴落し、私はホルダーとして、その全過程を体験した。


本ブログ、「GEとともに生きる」は、GEショックの絶叫と苦悶の記録である。




配当が50%減額され、クソ決算を連発し、終わることなく下げ続ける株価に耐え切れず、数多くのホルダーが株式市場の藻屑と消えていった。


2018年6月、GE、ダウ平均株価から除外。

GEを巡る悲劇はひとつのクライマックスを迎え、その後に書かれたものは、すべて蛇足である。




GEの株価の見通しなど分からないが、これから10年以上、地の底を這いずり回ることになる可能性は非常に高い。


業績や株価の回復を期待して記事を書き続けるとなると、キリストの再臨を待ちながら2000年が経過するが如き、新たな絶望を生み出す結果になるだろう。

であるから私は、ブログを忘れ、株価や投資情報を見ない方向を模索している。




GE大暴落に関して書くべきことは、既に書き尽くした。


ダウ平均からの除外を境にブログの更新頻度が下がり、アクセス数は減少、米国株ブログ村ランキングからも離脱した。

それは、良い傾向なのだろうと思う。


友よ、喝采してくれ、喜劇は終わったのだ。


GEとともに生きる エピローグ


2018年7月28日土曜日

エクソンモービルがクソ過ぎて泣けてくる





エクソンモービル(XOM)が決算を発表し、株価が下落している。


私もホルダーであり傍観者ではない。

しかも、ポートフォリオの構成比率で第3位を占めており、XOMの値動きはパフォーマンスに重大な影響をもたらす。




私がXOMを買ったのは2017年春のことだが、現在のところ、XOMは含み損だ。


原油価格は急激に回復しているのに、XOMの株価は全く追随しない、全然上がらない、持っているだけでイライラして、路上で絶叫したくなる。

まるで永遠の不発弾ではないか!




原油価格の上昇に伴い、石油株全体がものすごい期待感に包まれているが、その期待に届かない決算を出して売られ続ける。


過剰に期待されているクソ株、それがXOMだ。




最近、フェイスブック(FB)やツイッター(TWTR)が暴落し、一部の米国株投資家を狂喜乱舞させている。


ところが、ブログ村では、暴落の絶叫や苦しみを報告するような記事を書いている人はいない。

誰もFBやTWTRを保有していないのだろうか?




とはいえ、1日やそこら暴落したところで、すぐに戻す可能性もあるし、これまで十分に上昇してきたから平気なのだろう。


ゼネラルエレクトリック(GE)のように、60%の株価下落、1年以上ボコボコにしばきあげられた上に後ろ手に縛られ、ケツに超極太ディルドをぶち込まれるような悲惨とは訳が違う。


だから、FBやTWTRが暴落しても、まったく心が癒されねえな。


エクソンモービルという究極に退屈な株
石油株で快感! ぬるぬるオイルプレイ


2018年7月27日金曜日

ロイヤルダッチシェルの下落で心がしんどい





ロイヤルダッチシェル(RDS-B)の決算発表を受けて、株価は4%超の下落。


RDS-Bは現在の私のポートフォリオの主力銘柄であり、こんあことはあっちゃなんねえ、あっちゃなんねえんだ!

悪くない決算、高すぎる期待、原油価格の上昇に追随しないもどかしさ、配当だけが頼みの綱だが「配当を受け取っても1円も得してないからね?」という言葉が脳内に響き渡って、心がしんどくなる。




現在私は27銘柄を保有しているが、そのなかで中核となっているのが英国6銘柄、すなわち、RDS-B、BP、HSBC、BHP、RIO、BTIだ。


いずれも大英帝国の植民地の遺産で生きているような企業であり、古く、巨大で、陰鬱である。

成長性などない。




超長期で英国6銘柄を保有して配当を受け取り、米国の成長株に投資する、そんなポートフォリオを夢見ている。


米国株で爆益を得る必要があるんだ!




でもよ、現実は厳しい。


ゼネラルエレクトリック(GE)やIBMをはじめとする米国株で爆損状態だ。

やっぱり中途半端なオールド企業、衰退企業に投資していることが原因であって、どうせ米国に投資をするならアマゾンやグーグルなど、世界をガンガンに変えていく企業じゃないと面白くない。


枯れ切った英国企業とオラオラの米国企業で構成されたポートフォリオを持つ、そんな人間に私はなりたい。


テスラ(TSLA)を調査する必要があるだろう。


フィリップモリスの下落で心がしんどすぎる
IBMの下落で心がしんどい


2018年7月26日木曜日

GEから配当金を頂きました





ゼネラルエレクトリック(GE)から配当が入金された。


50%減額された配当だ。

配当を頂けるだけありがたい、ゼロじゃないことに感謝、GE様ありがとうございます、クソがあああああああああああああああああああああああ!


次に何が起きるかは、もうお分かりだろう。

再減配の可能性があり、私は震えながら日々を過ごしている。




さて、決算シーズン真っただ中、私の保有株も次々と下落、昨晩はゼネラルモーターズ(GM)とAT&T(T)が売られた。


株価を見ないと言いながら決算を覗けば必ず下落していて、心がしんどい。

5月末にGMは10%以上跳ねたこともあり、のり君師匠が売り時だろうと書いていたが、私は保有し続けて結局行ってこいである。




Tは下落トレンドが継続しているが、高配当ということもあり、多くの人がありえないぐらいの全力の笑顔でナンピン買いを続けている。


私はというと、どんよりと濁った眼で、ただTを見ているだけだ。


日柄が不十分で、練りに練って練り込んだとは言えないし、買値から50%下落というスーパードッグの基準にも該当しない。

要するにカネがないので、まだナンピンには手を出せない。




決算を見ても、心がしんどくなるだけだ。


四半期決算を見ず、株価のチェックは1年に1回ぐらい、最終的には、それすらも忘却した境地にたどり着きたいと思っている。

市場平均に勝つとか負けるとか、どうでもいい。


ミスターマーケットにケツを好き放題にされて、もう疲れ果てて放心状態なんだ。


ブームの終焉? FANGよりやばいディフェンシブ株たち
新しいダウ平均銘柄はフェイスブックか GEの除外が現実になる


2018年7月24日火曜日

リオティントを買い増し





資源メジャーのひとつ、リオティント(RIO)を買い増した。


銅価格が下落している。

また、「新興国発の世界同時株安が投資家を襲う公算が大きい」とか言ってる人もいるが、そんなことはどうでもいい。


投資に関する予言や占いの類は、信じない。




今回の買いで、ポートフォリオにおける資源・エネルギーセクター及び英国株への集中度が更に増した。


銅価格の下落相場の入り口でRIOを買い増しするのがGE坊や流で、このポジションもいずれ死ぬだろう。


「GE坊やが買ったので、RIOは下がりますグッドラック」

50%の確率で当たると思います。


BHPビリトンとリオティント
遠く日本を離れてオイルプレイをした投資家の末路


2018年7月22日日曜日

GE決算発表で株価がクラッシュ





株価を見た瞬間、顔面に強烈なハイキックを食らってもんどり打って倒れる、それがゼネラルエレクトリック(GE)を保有するということだ。


プレマーケットで株価が上昇するのも、PCの前で気違いのように応援してから就寝し、起きれば大幅に下落しているのも、すべて同じ。

毎回、精密時計のような正確さで同じことが繰り返される。




GE、第二四半期利益は予想超え、キャッシュフロー見通し下方修正で株価4%安、いいのか悪いのかよく分からない決算でも、株価はしっかり下がる。


JPモルガンのアナリスト、スティーブ・トゥサがしゃしゃりでてきてGEのファンダメンタルズは極めて悪いと語り、CEOのジョン・フラナリーが、電力事業の低迷は2020年まで続くと語る。

株価はもう見ないと啖呵を切ったものの、決算だからと覗いてみれば即座にクソの海に蹴り落され、ケツに超極太バイブが突き刺される…。




そう、すべて同じ。


同じ世界を何度もエンドレスにループしているのではないかという絶望感に襲われ、心がしんどい。

ケツへの責め苦が無限に続く痛みを、ご理解いただけるだろうか。


何度も何度も何度も何度も、もう嫌だ、もう嫌なんだよ!

クソがあああああああああああああああああああああああああああ!




今回も、GEはそろそろ買いだという助平が出現するだろう。


危険だから近付いてはいけないと警告を発しても買ってしまう人はいるもので、そういう人たちは次々と消息を絶っている。

改めて言っておこう、GEはやめておけ。


GEが決算を発表
GEの明日の株価が分かる

GEを保有して1年


2018年7月20日金曜日

絶望のミロ





株が上がろうが下がろうが、私の絶望は癒えない。


絶望に襲われた時、人はミロを飲む。

子供の頃、身の回りに当たり前にあったのに、大人になると忘れてしまうものがたくさんあって、ミロもそのひとつだろう。


スーパーで死んだ魚のような眼をしてミロを買っている大人がいるとすれば、そこには癒しがたい絶望があるはずだ。


ネタでミロを飲むのではない。




米国株ブログ村を退村しようと考えていた矢先、緊急事態が発生した。


詳細は不明だが、Kさんが運営する『電撃ソニック団』において過激派が危険行為に及んだ可能性が示唆され、現在も戒厳令が布かれている。


一時はブログタイトルが『糞まみれでさようなら』に変わり、ブログの更新終了が告げられた。

その後、復旧が始まったとのことでひと安心だ。




これを受け、Kさんへのサポートを表明し、包括的パートナーシップを確認するため、ソニックゲートを再開した。


戦略物資(アクセス)を垂れ流し、ブログ更新の継続と早期の事態収拾を期するものである。

投資ブログ史上最高の天才を、こんなところで終わらせるわけにはいかない。


GE下落の衝撃に備える

episode 3 Kさんの帰還 「ギャルに囲まれたおっぱい帝国の建設」
遠く日本を離れてオイルプレイをした投資家の末路