2018年7月31日火曜日

生きねば





2017年から2018年にかけて、ゼネラルエレクトリック(GE)の株価が暴落し、私はホルダーとして、その全過程を体験した。


本ブログ、「GEとともに生きる」は、GEショックの絶叫と苦悶の記録である。




配当が50%減額され、クソ決算を連発し、終わることなく下げ続ける株価に耐え切れず、数多くのホルダーが株式市場の藻屑と消えていった。


2018年6月、GE、ダウ平均株価から除外。

GEを巡る悲劇はひとつのクライマックスを迎え、その後に書かれたものは、すべて蛇足である。




GEの株価の見通しなど分からないが、これから10年以上、地の底を這いずり回ることになる可能性は非常に高い。


業績や株価の回復を期待して記事を書き続けるとなると、キリストの再臨を待ちながら2000年が経過するが如き、新たな絶望を生み出す結果になるだろう。

であるから私は、ブログを忘れ、株価や投資情報を見ない方向を模索している。




GE大暴落に関して書くべきことは、既に書き尽くした。


ダウ平均からの除外を境にブログの更新頻度が下がり、アクセス数は減少、米国株ブログ村ランキングからも離脱した。

それは、良い傾向なのだろうと思う。


友よ、喝采してくれ、喜劇は終わったのだ。


GEとともに生きる エピローグ


2018年7月28日土曜日

エクソンモービルがクソ過ぎて泣けてくる





エクソンモービル(XOM)が決算を発表し、株価が下落している。


私もホルダーであり傍観者ではない。

しかも、ポートフォリオの構成比率で第3位を占めており、XOMの値動きはパフォーマンスに重大な影響をもたらす。




私がXOMを買ったのは2017年春のことだが、現在のところ、XOMは含み損だ。


原油価格は急激に回復しているのに、XOMの株価は全く追随しない、全然上がらない、持っているだけでイライラして、路上で絶叫したくなる。

まるで永遠の不発弾ではないか!




原油価格の上昇に伴い、石油株全体がものすごい期待感に包まれているが、その期待に届かない決算を出して売られ続ける。


過剰に期待されているクソ株、それがXOMだ。




最近、フェイスブック(FB)やツイッター(TWTR)が暴落し、一部の米国株投資家を狂喜乱舞させている。


ところが、ブログ村では、暴落の絶叫や苦しみを報告するような記事を書いている人はいない。

誰もFBやTWTRを保有していないのだろうか?




とはいえ、1日やそこら暴落したところで、すぐに戻す可能性もあるし、これまで十分に上昇してきたから平気なのだろう。


ゼネラルエレクトリック(GE)のように、60%の株価下落、1年以上ボコボコにしばきあげられた上に後ろ手に縛られ、ケツに超極太ディルドをぶち込まれるような悲惨とは訳が違う。


だから、FBやTWTRが暴落しても、まったく心が癒されねえな。


エクソンモービルという究極に退屈な株
石油株で快感! ぬるぬるオイルプレイ


2018年7月27日金曜日

ロイヤルダッチシェルの下落で心がしんどい





ロイヤルダッチシェル(RDS-B)の決算発表を受けて、株価は4%超の下落。


RDS-Bは現在の私のポートフォリオの主力銘柄であり、こんあことはあっちゃなんねえ、あっちゃなんねえんだ!

悪くない決算、高すぎる期待、原油価格の上昇に追随しないもどかしさ、配当だけが頼みの綱だが「配当を受け取っても1円も得してないからね?」という言葉が脳内に響き渡って、心がしんどくなる。




現在私は27銘柄を保有しているが、そのなかで中核となっているのが英国6銘柄、すなわち、RDS-B、BP、HSBC、BHP、RIO、BTIだ。


いずれも大英帝国の植民地の遺産で生きているような企業であり、古く、巨大で、陰鬱である。

成長性などない。




超長期で英国6銘柄を保有して配当を受け取り、米国の成長株に投資する、そんなポートフォリオを夢見ている。


米国株で爆益を得る必要があるんだ!




でもよ、現実は厳しい。


ゼネラルエレクトリック(GE)やIBMをはじめとする米国株で爆損状態だ。

やっぱり中途半端なオールド企業、衰退企業に投資していることが原因であって、どうせ米国に投資をするならアマゾンやグーグルなど、世界をガンガンに変えていく企業じゃないと面白くない。


枯れ切った英国企業とオラオラの米国企業で構成されたポートフォリオを持つ、そんな人間に私はなりたい。


テスラ(TSLA)を調査する必要があるだろう。


フィリップモリスの下落で心がしんどすぎる
IBMの下落で心がしんどい


2018年7月26日木曜日

GEから配当金を頂きました





ゼネラルエレクトリック(GE)から配当が入金された。


50%減額された配当だ。

配当を頂けるだけありがたい、ゼロじゃないことに感謝、GE様ありがとうございます、クソがあああああああああああああああああああああああ!


次に何が起きるかは、もうお分かりだろう。

再減配の可能性があり、私は震えながら日々を過ごしている。




さて、決算シーズン真っただ中、私の保有株も次々と下落、昨晩はゼネラルモーターズ(GM)とAT&T(T)が売られた。


株価を見ないと言いながら決算を覗けば必ず下落していて、心がしんどい。

5月末にGMは10%以上跳ねたこともあり、のり君師匠が売り時だろうと書いていたが、私は保有し続けて結局行ってこいである。




Tは下落トレンドが継続しているが、高配当ということもあり、多くの人がありえないぐらいの全力の笑顔でナンピン買いを続けている。


私はというと、どんよりと濁った眼で、ただTを見ているだけだ。


日柄が不十分で、練りに練って練り込んだとは言えないし、買値から50%下落というスーパードッグの基準にも該当しない。

要するにカネがないので、まだナンピンには手を出せない。




決算を見ても、心がしんどくなるだけだ。


四半期決算を見ず、株価のチェックは1年に1回ぐらい、最終的には、それすらも忘却した境地にたどり着きたいと思っている。

市場平均に勝つとか負けるとか、どうでもいい。


ミスターマーケットにケツを好き放題にされて、もう疲れ果てて放心状態なんだ。


ブームの終焉? FANGよりやばいディフェンシブ株たち
新しいダウ平均銘柄はフェイスブックか GEの除外が現実になる


2018年7月24日火曜日

リオティントを買い増し





資源メジャーのひとつ、リオティント(RIO)を買い増した。


銅価格が下落している。

また、「新興国発の世界同時株安が投資家を襲う公算が大きい」とか言ってる人もいるが、そんなことはどうでもいい。


投資に関する予言や占いの類は、信じない。




今回の買いで、ポートフォリオにおける資源・エネルギーセクター及び英国株への集中度が更に増した。


銅価格の下落相場の入り口でRIOを買い増しするのがGE坊や流で、このポジションもいずれ死ぬだろう。


「GE坊やが買ったので、RIOは下がりますグッドラック」

50%の確率で当たると思います。


BHPビリトンとリオティント
遠く日本を離れてオイルプレイをした投資家の末路


2018年7月22日日曜日

GE決算発表で株価がクラッシュ





株価を見た瞬間、顔面に強烈なハイキックを食らってもんどり打って倒れる、それがゼネラルエレクトリック(GE)を保有するということだ。


プレマーケットで株価が上昇するのも、PCの前で気違いのように応援してから就寝し、起きれば大幅に下落しているのも、すべて同じ。

毎回、精密時計のような正確さで同じことが繰り返される。




GE、第二四半期利益は予想超え、キャッシュフロー見通し下方修正で株価4%安、いいのか悪いのかよく分からない決算でも、株価はしっかり下がる。


JPモルガンのアナリスト、スティーブ・トゥサがしゃしゃりでてきてGEのファンダメンタルズは極めて悪いと語り、CEOのジョン・フラナリーが、電力事業の低迷は2020年まで続くと語る。

株価はもう見ないと啖呵を切ったものの、決算だからと覗いてみれば即座にクソの海に蹴り落され、ケツに超極太バイブが突き刺される…。




そう、すべて同じ。


同じ世界を何度もエンドレスにループしているのではないかという絶望感に襲われ、心がしんどい。

ケツへの責め苦が無限に続く痛みを、ご理解いただけるだろうか。


何度も何度も何度も何度も、もう嫌だ、もう嫌なんだよ!

クソがあああああああああああああああああああああああああああ!




今回も、GEはそろそろ買いだという助平が出現するだろう。


危険だから近付いてはいけないと警告を発しても買ってしまう人はいるもので、そういう人たちは次々と消息を絶っている。

改めて言っておこう、GEはやめておけ。


GEが決算を発表
GEの明日の株価が分かる

GEを保有して1年


2018年7月20日金曜日

絶望のミロ





株が上がろうが下がろうが、私の絶望は癒えない。


絶望に襲われた時、人はミロを飲む。

子供の頃、身の回りに当たり前にあったのに、大人になると忘れてしまうものがたくさんあって、ミロもそのひとつだろう。


スーパーで死んだ魚のような眼をしてミロを買っている大人がいるとすれば、そこには癒しがたい絶望があるはずだ。


ネタでミロを飲むのではない。




米国株ブログ村を退村しようと考えていた矢先、緊急事態が発生した。


詳細は不明だが、Kさんが運営する『電撃ソニック団』において過激派が危険行為に及んだ可能性が示唆され、現在も戒厳令が布かれている。


一時はブログタイトルが『糞まみれでさようなら』に変わり、ブログの更新終了が告げられた。

その後、復旧が始まったとのことでひと安心だ。




これを受け、Kさんへのサポートを表明し、包括的パートナーシップを確認するため、ソニックゲートを再開した。


戦略物資(アクセス)を垂れ流し、ブログ更新の継続と早期の事態収拾を期するものである。

投資ブログ史上最高の天才を、こんなところで終わらせるわけにはいかない。


GE下落の衝撃に備える

episode 3 Kさんの帰還 「ギャルに囲まれたおっぱい帝国の建設」
遠く日本を離れてオイルプレイをした投資家の末路


2018年7月15日日曜日

遠く日本を離れてオイルプレイをした投資家の末路





GE坊やと名乗りつつ、その実態はぬるぬるオイル坊やであるということに、皆さんはお気付きだろう。


2016年後半、私はWTIの40ドル割れを目視し、石油株に対して重点的に投資した。

その後、原油価格は順調に回復、一時は80ドルを伺うまでになったが、保有するRDS-B、BP、XOMの戻りは鈍く、とりわけXOMは酷い。




いわゆる超大型の優良株ということで、良く言えば安定的である。


とはいえ、同時期に日本の石油株の盟主であるJXTGホールディングス(5020)が倍化しているのを見ると、心がしんどい。


WTI連動のETFは、うまく原油価格に追随しないことを経験してきたので個別株を選択したが、わざわざ米国株やADRにする必要もなかったようだ。

投資を始めた当初から基本的にはコモディティ坊やなのだが、ETFは昔からどうも手が合わない。




原油価格の回復に伴い、ガラス土石なども大きく上昇しており、まさに焦土と化すまでに売り叩かれてきた日本の低位株が、昇竜のように蘇っている。


米国株に移行する前に主力銘柄としてきた日本カーボン(5302)が、その後、異常に上昇しているのを見て、ありがちなことだなと思いつつ、自らのド下手ぶりを思い知らされる感じがして脱力する。




米国株式市場が史上最高値を更新し続け、総てが高値圏で推移するなか起きた米国株投資ブームの熱狂。


その熱気に私も飲み込まれ、日本株への絶好の投資機会を逃したのではないか。




上がったものに飛びつくのは動物的な本能がなせる業だが、逆張り投資家が、それをやってはお終いというものだ。


多くの人が日本に悲観し、日本株を見捨てたその時こそ、日本に投資する絶好のチャンスだったのだろう。

誰もが米国にバラ色の未来を見ている今日この頃、本当に投資対象として米国が最適なのかを問い直す必要がある。




ただし、ブログアクセスを増やすためには、米国株マンセーで日本株をディスりまくることが極めて有効なので、悩ましい。


快感! ぬるぬるオイルプレイ
エクソンモービルという究極に退屈な株


2018年7月13日金曜日

続々と配当を頂いております





7月になって、KOから、HSBCから、MOから、PMから、そしてGSKから配当を頂いております!


クソがああああああああああああああああああああああああ!




27銘柄も保有していれば、次々続々と配当を受け取ることなど当たり前だ。


アルトリアグループ(MO)から配当を頂きました?フィリップモリスインターナショナル(PM)から配当を頂きました?何の慰めにもならねえ。

タバコ株を買って喫煙者から搾取しましょうとか言っていても、爆下げを食らってるんじゃあ煙草でも吸っていたほうがマシだろう。




そんなことよりも快進撃を続ける無配のFANG、なかでも米国最強銘柄アマゾンドットコム(AMZN)は、1800ドルになろうとしている。


いまも某氏が、「FANGを保有するのはクソダサい投資家です!」とか言って煽ってるのかどうかは知らないが、爆上げしてるじゃねえか。

まったく、ブログ運営上のテクニックとはいえ、煽ったり、ディスったり、はたまたトップブロガーが鬱病で自殺した労働者を引き合いに出したり、やりたい放題だな。


まあ、ブログは稼いだ者勝ちということなので、あまりゴチャゴチャ言ってもしょうがないのだろう。




私も、他人にご高説を垂れられるようなモラリストではない。


自らの持つ被虐的な嗜癖を満足させるために、株式投資を利用しているに過ぎないのではないか、そう思うこともある。


ブログという多くの人が見る公開の場でパンツをずり降ろし、自分のケツに突き刺さった超極太ディルドを見せつけるという倒錯に溺れ、快楽に浸っているだけではないか。

そのように非難されれば、返す言葉もない。




リアルの世界では紳士である私が、ネットの匿名性を利用して自らの欲望を解き放った結果、そこに立ち現れたのはケツへのオブセッションだった。


この事実には、自分でも驚愕している。


米国最強銘柄アマゾンドットコム
フィリップモリスの下落で心がしんどすぎる
タコ配当は、下落相場のプロテクターではない


2018年7月12日木曜日

クラフトハインツホルダーを襲う不安





知らないうちに、私はすっかり逆神としてのブランドを確立してしまっていたようだ。


無理もない。

2017年、米国株式市場が史上最高値を更新し続けるウハウハ相場の中で、私は独りゼネラルエレクトリック(GE)を保有し泣き叫んできた。


米国ブログ村における疫病神、それがこのGE坊やだ。




ところが、GEがダウ平均から除外され、市場には安堵の空気が流れている。


私自身、GEの株価が速やかに回復するという甘い見通しは持っていないが、ダウ平均からの除外や値ごろ感から、GEに興味を持ったり、買ったりする人が増えつつあることは事実だ。


ダウのスーパードッグ、誰も手を出そうとしない悪材料のワイドモートに囲まれた圧倒的なクソ株、それがGEだった。

だが、一般人が食指を動かし始めたいま、私のGEに対する熱は急速に冷めつつある。




先日、私は配当の再投資先として、クラフトハインツ(KHC)を選択したが、そのことがKHCホルダーに危機感を与えているようだ。


曲がり屋に向かえというのは、投機の鉄則である。

とはいえ、たかが配当を再投資しただけであり、KHCがポートフォリオに占める割合は僅かで、下がれば下がるほど私にとっては都合がいい。


KHCホルダーが危惧するほどの株価下落は期待できないのではないか。




私自身は、普段からハインツのケチャップを購入している。


ハインツケチャップの日本におけるシェアは、3%に過ぎない。

だが、カゴメやデルモンテのようなソフトボトルではなく、ハインツの超ハードボトルのほうが、ケツにぶち込んで射出したときのパワーが圧倒的に優れている。


そういったことから、今後、確実にシェアを伸ばしていくことが推察される。


クラフトハインツに新規投資
ゼネラルエレクトリックの憂鬱


2018年7月9日月曜日

いつGEを売却するのか





ジム・クレイマーがゼネラルエレクトリック(GE)が底打ちした可能性があると語っているが、当たらないだろう。


これまで多くの人がGEに底打ち宣言をしてきたが、その度に下げ続けてホルダーの心をバキバキにへし折ってきた。

今回も、私は猜疑心に満ちた眼差しを送るほかない。




JPモルガンのアナリスト、スティーブ・トゥサによれば、目標株価は11ドル。


すべてのホルダーは10ドル割れを覚悟しているだろうし、GEはファンドの強制売りで二束三文になるまで叩き売られますグッドラックということであれば、2~3ドルもありうる。

まあ、天底が分かれば誰でも億万長者になれる。




さて、本ブログではGEの生涯保有を標榜してきたが、これは株価が爆下げしたから仕方なく塩漬けにして、売らない宣言をしているわけではない。


GEが減配される予感のなか、私は2017年10月にこのブログを始めた。

タイトルからも分かる通り、当初からGEとともに生きることを決めていたし、それは今後も変わらない。




30ドルで買ったGEが暴落し、半値以下に落ち込んだからといって、どうしたというのだ。


そもそも売買益を取ることを止めるために始めた投資であり、目的はただ一つ、GEとともに生きるという、それだけである。

であれば、株価の変動など見る必要もない。




ただ、人生は有限であり、私はいずれ死ぬし、あの世に株式を持っていくこともできない。


売却がありえるとすれば、まず最初のポイントは2034年、すなわち、未来から来た男(自称)ジョン・タイターが、GEがタイムマシンを実用化すると述べた年である。

2034年といえば遠い未来のようにも思えるが、僅か16年後のことであり、株式の保有期間として、そこまで長いというわけでもない。


GEを売却するかどうかは、その時になって考えれば良いのだ。


米国株ブログを始めました!
2036年のタイムトラベラー


2018年7月4日水曜日

GE坊やの投資戦略





世の中には様々な投資法があるが、現在、私が採用している主要なものは、以下の通りである。


1.ダウのスーパードッグ投資法
2.ぬるぬるオイルプレイ
3.女王陛下万歳


正確に言えば、投資法でもなんでもなく、これらの特殊状況に株ドカンしたというだけだが…。



候補生として採用した銘柄の中から、非常に困難なテストを突破し、真のスーパードッグになったのがゼネラルエレクトリック(GE)である。


最低条件は、買値から50%の下落という、主観的かつ自己本位なものだ。


この他にも、PM、MO、BTIなどのタバコ株、プロクター&ギャンブル(PG)などが、ネクスト・スーパードッグとして有望視されている。




ぬるぬるオイルプレイと女王陛下万歳に対しては、既に十分な株ドカンが行われており、追加投資をする予定はない。


原油価格の暴騰あるいは大英帝国の復活がない限りは、利益確定の売りが出せないまま、次世代に受け渡されることになるだろう。




私はこの他にも、少額の株式を保有し、以下のように呼んでいる。


4.バフェッティー・タリー10種の牧場


賛成するにせよ、批判するにせよ、こういうものは実際に持ってみなければ分からない部分があって、そういう点で、私は律儀である。


勿論ポートフォリオの多くの部分を割くような真似はしていないが、現時点での結果を申し上げれば、概ね残念なことになっている。

やはり、JNJやIBMなど、みんなが買うような株には妙味がない。



5.爆益宇宙の果て


買った当初は一番ヤバい理由だと思っていたが、結果的にボーイング(BA)が暴騰し、買値の2倍を超えた。

BAやLMTは、有人探査機が火星に到着するまで保有し続けるつもりだ。




改めてまとめると、以下の通り。


1.ダウのスーパードッグ投資法
2.ぬるぬるオイルプレイ
3.女王陛下万歳
4.バフェッティー・タリー10種の牧場
5.爆益宇宙の果て




まるでクソ株の宝石箱じゃねえかと思うだろうが、その通り。


私の脳はGEが暴落する遙か以前に完全に破壊されており、論理的な思考が不可能になっていて、ひたすら混沌の中を生きている状態だ。


マトモな脳を持っているよいこの皆さんには、可変レバレッジドを始めとするロジカルなポートフォリオ、もしくはVOOなどのインデックスファンドの保有をお勧めしておく。


爆損銘柄のトップガン GEを買い増し
快感! ぬるぬるオイルプレイ
英国株にオーバーウェイトする投資家
やっぱりバフェットはGEを買わない
ボーイングとロッキードマーティンへの投資

GE坊やのポートフォリオ
GE提督のポートフォリオ


2018年7月3日火曜日

スケベ買いしたい人に警告する





株価をチェックすれば、FANGを始めとする市場全体が力強く上昇するなか、ゼネラルエレクトリック(GE)が下げている。


またあいつだ。

昨晩、JPモルガンのアナリスト、スティーブ・トゥサが、GEは極めて割高だと発言したことを受け、売られた。




トゥサああああああああああああああああああああああああああああああ!


あのツナ野郎によれば、GEのターゲットプライスは11ドル、更なる減配が実行される可能性も高いという。

目標はただひとつ、高く売って安く買う、そして、腐ったGEを売り叩く!


残念ながら、これが市場の総意である。




ダウ平均からの除外が実行され、ヘルスケア部門のスピンオフが決定されたが、GEを取り巻く根本的な問題は解決していない。

悪材料のワイドモートは健在だ。


それなのに、GEの苦境が終了したかのような楽観論が市場に漂い、ホルダーは歓喜し、あるいはダウから除外されれば買いですグッドラックを妄信した俄かが値ごろ感で参入する…。

甘いんだよ。




GEを保有するえげつなさを、よく考えたほうがいい。


1年半以内にスピンオフが実行され、GEおよびGEヘルスケアが一般口座に移されるということは、既に確定している。

ホルダーが、改めてGEとともに生きる覚悟を問われる局面だろう。


GEはもう、無理かもしれない
目覚めて4秒で失禁 GEは底打ちなんかしない