2018年9月23日日曜日

ブログ終了のお知らせ





日頃より、『GEとともに生きる』にお越しいただきありがとうございます。


まことに勝手ながら、本ブログは2018年9月23日をもちまして終了いたしました。

ブログ開設以来、たくさんの読者様からご愛顧いただきましたことを、心より御礼申し上げます。


ゼネラルエレクトリック坊や


2018年9月22日土曜日

GEの復活を祈願する





このままゼネラルエレクトリック(GE)が終わるなんてことは、あってはならない、あっちゃなんねえんだ!


だから、出来ることはすべてやっている。

牛頭天王と山王さんにお参りしたし、飛行機が飛んでいるのを見る度に空に向かって気違いのような声を出して応援し、GEの株価上昇を祈願している。




先週の土曜日は、パスポートを持って、横田基地で行われた日米友好祭に行ってきた。


言うまでもなく、GE製のジェットエンジンを目視し、永久保有の気持ちを固めるためである。

楽しそうなお祭り騒ぎのなか、私の目当てはジェットエンジンのみである。




特に米軍最大の航空機、ロッキードマーチン社製の輸送機 C-5 ギャラクシー、こいつに付いているGEのジェットエンジンを熱い眼差しで見つめ、号泣する。




空中給油機 KC-10 エクステンダー のジェットエンジンもGE製だ。エンジン回りに漂っているケロシンの匂いがたまらねえ。




ボーイング社製の輸送機 C-17 グローブマスター も、しっかり目に焼き付けてきた。





オスプレイがデモ飛行で飛び回っていたが、そんなもんどうでもよくて、私はひたすらGEのジェットエンジンを求めて横田基地を彷徨っていた。




米軍も、飛行機も、無くなったりはしない。


GEは必ず復活する、そう思わなければやってられないだろう。

早くカチ上げろやあああああああああああああああああああああああああああああああ!


頼むわ、マジで心がしんどいんだ。


不運(ハードラック)と踊るGE





ふざけるなや、ゼネラルエレクトリック(GE)!


ダウが史上最高値を更新するなか、またまた暴落してんじゃねえかよ。

もう耐えられない!もう無理なの!もう嫌だ!


助けて!誰か助けてよ!

クソがあああああああああああああああああああああああああああ!


神様はどこにいてるん?

終わりやよ…。


2018年9月12日水曜日

楽園の崩壊





「天国において奴隷たるよりは、地獄の支配者であるほうが、どれほど良いことか」

ジョン・ミルトン 『失楽園』



かつて、美しい秘境のような場所だった米国株投資というジャンルは、バフェット太郎を始めとするアフィリエイターによる商業化や乱開発により、イケハヤランドの如き荒廃を見せている。

トレイルランナーに蹂躙される深山のようでもある。


黒山の人だかりに息が詰まりそうになるが、米国株投資界隈が静寂に包まれていた昔を懐かしんでも仕方あるまい。


流行というのは得てしてそういうもので、かつてはFX、新興国株、仮想通貨などに向かっていた大衆の欲望が、米国株投資に移動してきたということだろう。

とはいえ、株式市場はブームと破壊が繰り返される場であり、いずれこの熱狂も終焉に向かう。


焦土のなかからソニックが誕生したように、次なる絶望が圧倒的な才能を生みだす日を楽しみにしつつ、私は秘境を目指し村を去るのである。


イヴァンカ・トランプ級のギャルを求めて。


2018年9月11日火曜日

エクソンモービルから配当を頂きました





エクソンモービル(XOM)、ターゲット(TGT)、ボーイング(BA)、IBMから配当を頂きました!


まあ、いつものことだ。

わざわざブログにこんなことを書いて、一体誰に報告してるのか分らないが、とにかく書くことに意義がある、ない!




9月は、ロイヤルダッチシェル(RDS-B)、BPから配当が届けられる。


これまで、受け取った配当は律義に再投資してきたが、そんな行為に私はもう飽き飽きしているのね。

人生には、もっと大事なことがあって、それはイヴァンカ級のギャルとアナルのしわとしわを合わせて幸せになることであり、是非とも実現しなければならないと考えている。




前回の配当再投資はリオティント(RIO)の買い増しだったが、買った瞬間に下がった。


その前はクラフトハインツ(KHC)への新規投資で、これまた買ってすぐに一直線に下げ、その前はゼネラルエレクトリック(GE)を買い増ししたが、速攻で爆下げした。

その前はAT&T(T)、そしてその前がフィリップモリスインターナショナル(PM)、すべて、買った直後に、株価が真っ逆さまに落ちてクソ化した!


あり得ねえだろ、クソがあああああああああああああああああああああ!



さて、今回も、GE坊やの脳裏に、ひとつの新規投資銘柄が蠢いている。


9月末、ネクスト・デス銘柄が明らかになるだろう。

GE坊や地獄の30銘柄まであと3つ、ホルダーは、自分の保有株と被らないように、神に祈っておくがいい。


お前はどうする?

ブラザー、お前の銘柄に、GE坊やが降臨したら。


2018年9月10日月曜日

クソ株集めはやめよう





2011年、リーマンショック後の焦土をチャンスと考え、私は米国株投資を開始した。


最初に買ったのは、当時、様々な媒体で有望銘柄としておススメされていたアップル(AAPL)、グーグル(GOOG)、アマゾンドットコム(AMZN)だ。


その後、私は投資本を読み漁り、バリュー投資に傾倒する。

逆張り爆益伝説といったようなものに感化され、グロース株を売り払い、ひたすらクソ株を集積するようになっていった。




日本のクソ株でそれをやるのは、まだいい。


そもそも値付けが滅茶苦茶なので、何かの拍子に数倍まで爆上げすることが結構あって、それはそれでやる価値がある。

アベノミクス相場の波に乗って、私の資産も倍化した。


だが、米国のクソ株は、世界中の投資家に精査された結果クソ化しており、ある日突然昇竜に変化するというようなことはない。

クソはクソであり、プロの目利きによってクソの値札が貼られている。




米国クソ株集めの結果は、皆さんに示した通りだ。


真っ当なバリュー投資をやるなら、それこそプロ並みの分析が必要だろうし、浅いところで表面的に真似をしても、ポートフォリオがクソ化するだけである。

爆益の彼方に行きたい人は、私のブログを読み込み、同じ轍を踏まないように気を付けていただきたい。


これ以上、アナルの破壊という悲劇が起こらないことを願っている。


2018年9月8日土曜日

自壊するクソの王国





証券口座を確認したら、更にがっつりと資産が減っていたので、泣きながらその場で回転して、気持ちが悪くなって倒れた。


無茶苦茶や!無茶苦茶!

米国株投資に戻ってきて2年ほどになるが、何ひとつ上がらへん!上がったやつは下がる!メタクソに売りまくられる!


利益確定も損切りもしないバイ&ホールドという試みは、とんでもなくクソな結果をもたらしており、心のしんどさが尋常じゃない。




ブログを始めて10か月になる。


最初は半年で消えるだろうと言われていた『GEとともに生きる』だが、ここまで続いてしまったのは、あまりにもクソな事態が連続したからである。

ブログで心のしんどさを泣き叫び、それが収束すれば自然と書くことがなくなるだろうと思っていたが、惨劇がまったく終わらない。


HSBC、BTI、RIO、WBK、GMが52週安値を更新し、その他の多くの銘柄も、年間最安値付近に落ちている。

もはやゼネラルエレクトリック(GE)だけが暴落している状況ではなく、ポートフォリオ全体が崩壊しているのだ。




クソと呼ばれる王国を完全に破壊するために、ミスター・マーケットという神の兵隊が遣わされた。


後に残るのは廃墟、クソの荒野、そして、使い古された超極太ディルドのみ。

いずれGE坊やを知る人もいなくなり、すべては人々の記憶から消え去るだろうが、それでもネット上にブログを残しておくことで、後世、この文章を発掘し、何かを想う人がいるかもしれない。


2036年、ジョン・タイターがこの記録を読むはずだ。


2018年9月7日金曜日

ファイザーから配当を頂きました





遂にハイテクが下落した、うおっしゃあああああああああああああああああああ!と思ったら、石油株のほうが下げている。


その他の保有株も言うに及ばず、僅かに持っていた含み益のほとんどは、淡い春の雪の如く消えてしまった。

多くの株が年初をピークに下げ続け、52週安値を更新している。




株式投資の真実、それは、GE坊やが買えば下がり、下げ続けるということだ。


特に、米国株式市場が史上最高値を更新し続ける超ホットな相場で掴んだ株などは、その後、負の遺産となることは確実で、その定めを逃れることができるのはFANGなどの最強銘柄だけである。

私の特選銘柄は、時代の変化とともに壊滅するだろう。




先日、ファイザー(PFE)とウォルマート(WMT)から配当が入金された。


9月は配当リッチな月であり、これからも続々と配当が頂けることになっているが、それにしても保有株の下落は深刻で、喜ぶ気にもなれない。

むしろ、そんなことで喜べるようなパーフェクトワールドの住人なら、それだけで人生はエクストリームハッピーで何の問題もないのだろうが、残念ながら私の鬱屈は配当ぐらいで晴れるようなものではない。


何より、配当を受け取っても1円も得しないという事実を、私は既に知っている。




爆益だけが心を癒すはずだったが、現実には爆損が発生し、投資を始める前よりも、心のしんどさが増えただけだった。


もう株価は見ない、ブログも見ないし書かないと毎日思っているが、鬱勃たるパトスが沸き上がってきて、キーボードを叩き、クソな文章を書き殴っている。

本当は、すべてを忘却し、心安らかに生活したい。


ブログを書くことは自分にとって深刻な悪癖となっており、如何にしてこの悪い習慣を抜くかということばかり考えている。


2018年9月5日水曜日

損切り不要というスイーツな暴論





米国株投資をしていると、なぜか突然ある企業の商品が気になったり、その会社の株主になろうという気持ちになったりすることがある。


それはしっかりとファンダメンタルズを読んだり、バリュエーションを調べたりした結果ではなく、あくまでも、唐突に、なんどなくだ。

直観というべきなのか、ヤマ勘というべきか。




そういう基準で選んだ株の、その後の投資成績は必ずしも良好ともいえず、良かったり悪かったり、ただひたすらランダムに動いているだけのようにも見える。


ただ、PERや配当利回などを見て、下手に調べて買うよりはマシな感じもあって、そもそもド素人分析などほぼ無意味なのだろうから、それで良いのかも知れない。

少なくとも、他人が投資しているからという理由で提灯をつけると碌なことにならないから、そういった行為よりは、ヤマ勘買いをやるほうがベターに思われる。




インデックスファンドではなく個別株投資に手を出した時点で、ほとんどその行為はギャンブルのようなものだから、勝つも負けるも時の運ということだろう。


堅い銘柄もクソ化することは往々にしてあって、予見するのは非常に難しい。


チョコのように、それらを予見できると勘違いしている人もいるが、だから損切りは不要とまで言い始めると、まさに暴論である。

最初は、読者を白痴化させて囲い込もうという意図でそう書いているのではないかと疑っていたが、どうも本気で書いているらしいということに気が付き、慄然として、沈黙するしかないのだと悟った。




まあ、ヤマ勘で買った企業がクソ化しようがどうなろうがなす術はなく、事業評価の観点から的確に投資から撤退できる人も少ないのだろうから、そんなものなのかも知れない。


ここ何年も米国株式市場がイケてるから米国株に投資しているという人が多いのだろうし、私もその群衆の一人に過ぎないのだから、相場が逆回転を始めれば遁走し、また新たなるミーハーの世界を求めるのだろう。

利益を得るのは先行者で、追随する者はすべからく肥しになるとは分かっていても、やってしまうのが悲しいところだ。


2018年9月4日火曜日

いまならあの太郎の気持ちが分かる





GE坊やのポートフォリオは、甚だしくクソ化している。


これまで、私は、米国株で爆損している投資家の現実をお伝えしてきた。

最悪の気分だ。


米国株式市場が史上最高値を更新し続けるなかで、ここまで酷いポートフォリオを保有している投資家は、他にいないだろう。




米国株ブログ村には、FANGで儲けた投資家と、そうでない人間がいて、そのどちらがクソダサいのかは言うまでもない。


どんな株を買うべきかというと、それはアマゾン(AMZN)のように強い株だ。

クソみたいになった株をかき集め、丁寧にクソを集積したところで、クソはクソでありクソであり続けるだろう。




考えてみれば当たり前のことで、安物買いの銭失いという言葉は、投資にも当てはまる。


安いだけの買い物をして、それで利益を得ようなんて言うのは虫が良すぎるのであり、カネが欲しいのならば、強い銘柄を選ばなければならない。

ヨボヨボの駄馬だけで部隊を編成したら、やはり駄目だろう。




ブルもベアも儲けるが、ホッグ(欲豚)は殺されるという。


何が欲豚かって、高配当株につられて配当ゲット&株価上昇でダブル利益の爆益を得ようなどという甘い夢を抱いた、私自身が豚だったのだ。

そんな豚に対して、やはりマーケットは容赦をしなかった。




かつて、FANGホルダーを罵り続けた太郎がいて、余りにもうるせえから延髄を蹴りに行ったというようなこともあったが、いまならあの太郎の気持ちが良く分かる。


AMZNばっかり上がってずるい、落ちろ!クソが、落ちろ!

私も常にそんなことを考るようになったし、それがAMZNを保有していない米国株ブロガーの実態だと思うと情けないが、事実なのだからしょうがない。


2018年9月3日月曜日

カネになる投資ブログの作り方





米国株ブログ村というところは、実は、株で稼ぐよりも、ブログで稼ぐことに関心がある人が多い場所なのかもしれない。


私はこれまでランキングの頂点に3度立ち、現在も比較的高い位置を維持している。

こういうブログがどれぐらいのPVを集め、どれぐらいの広告収入があるのかということは、クソな投資パフォーマンスよりも、皆さんの興味を引くのではないか。




多くのブロガーが、「ほとんどが検索流入からのアクセスなので、ブログ村のランキングはあまり関係がない」と述べている。


だが、このブログは、アクセスのほぼすべてがブログ村からのもので、全く検索からの流入がない。

先日、観測者ヨブのブログを読んで思ったのだが、このブログも下ネタをかまし過ぎて、グーグルからペナルティを受けている疑いがある。


とはいえ、突然アクセス数が減ったわけではなく、もともと少ないのだが。




アドセンス収入に関しては、私のブログの10分の1ぐらいのアクセス数の人と同じ程度だということが、多くのブロガーの証言から明らかになっている。


すなわち、本ブログの広告単価は通常の10分の1ということであり、いくら書いたところでガキの小遣い程度のものである。

きちんとSEO対策をしていないのだから当然なのかもしれない。




まあ、ブログをカネにしたいのなら、こんな日記や愚痴のようなものではなく、米国に投資すべき3つの理由とか、インデックスファンドの比較、あるいは One Tup BUY などの記事を書かなければならない。


カネになるからこそ、同じような記事が量産され、耳にタコが出来るぐらい語られているにもかかわらず、繰り返し書き続けられているのである。


ブログの独自性を打ち出そうとして、あまりにも興味関心の範囲がマニアックになり過ぎると、よろしくない。

ひふみ投信について知りたい人は多いが、ゼネラルエレクトリック(GE)なんて知ったことではないというのがマスの気持ちである。




また、自分が実際に保有しているか、していないかは重要ではない。


ニュースを丸写しして、そこに少しだけ自分の意見を書くというのが一番効率よく記事を量産する方法で、そんなことをやって良いのかどうかは知らないが、ともかくアクセスも集まるようである。

自己啓発的なポエムを添えることも、効果的だ。




私は本ブログを通じて、投資でやってはいけないこと、ブログ運営でやってはいけないことの2つを、米国株村に告げ知らせてきた。


投資ブログを始めようとしているよいこのみんなは、よく読んで参考にするように。

頼んだよ。


2018年9月2日日曜日

ボーダフォンは英国の高配当クソ株





平成最後の8月が終わった。


2018年が始まった頃は良かったが、あれからポートフォリオはクソ化の一途をたどり、保有株の多くが下げている。

現在、非常に憂慮すべき株がある。


それがボーダフォン(VOD)で、年間パフォーマンスはマイナス25%を超え、見るたびに下がっている。




配当利回りが高いものほど保有比率も高いので、私のポートフォリオには、ウエストパックバンキング(WBK)を始めとするクソ株が厚く集績されており、市場平均を滅茶苦茶にアンダーパフォームしていることは間違いない。


VODの配当利回りは8%を超えている。


この感覚、ゼネラルエレクトリック(GE)がダラダラと下げ続けナイアガラの瀑布に突入する前夜の、不穏な空気感に極めて近い。


配当50%カットから株価半減…、あの惨劇が他の保有株でも起きるという予感に手が震え、上手くミロが飲めない。

ミロが、ミロが溶ける前に、溶ける前に、ポートフォリオが溶けてしまう!


ひああああああああああああああああああああああああああああああ!




上がっている株は上げ続けるし、下がっている株は下げ続ける。


そこのところを勘違いすると、沈み続ける保有株に対して下手なナンピンを打ちまくった挙句に素寒貧、株なんかやらないほうが良かったということになる。

アンダーパフォーマーたちが新興国市場の下落に狂喜乱舞してホルダーをディスっているが、同類だろう。

何て低次元な争いをしているのだ、君たちは。




私は、自分自身の投資パフォーマンスのクソぶりを真摯に認め、そのリアルな感情をブログに叩きつけている。


だが、そんなことをしても無益だ。


大切なのは、株を保有しているという事実を忘却することである。

変動する株価を見ず、日々垂れ流されるブログ記事というノイズの海を避け、新たなる聖杯の発見から遠ざかり、世界を旅し、山に登り、本を読み、芸術に触れることが重要なのである。




ましてや、ブログ村のランキングほど下らねえものはないので、読者は絶対にバナーをクリックしてはいけない。


押すなよ、絶対に押すなよ。


あんなところに祭り上げられても、私は、感情のないミッキーのような眼をして自己啓発系の記事とか格言を書き続けることはできないからな。


2018年9月1日土曜日

もう投資なんか嫌や





年初と比べて、めっさ資産減ってる。


もう嫌や。

株価なんか、見ん。


他の米国株ブロガーはFANGとかでごっつ儲けてるし、そういうの見ても心がしんどなるだけやから、それも、もう見ん。


何やねんGE、何やねん英国株、何やねんディフェンシブ株!

メコメコやないか。


気分悪い、寝る。